秋冬野菜が発芽成長中|家庭菜園2022

先日、秋冬野菜の種を家庭菜園に蒔き発芽しだしたところへ、台風15号が関東地方に近寄る予報がでていました。しかし、温帯低気圧に変わって影響はさほどありませんでした。それでも、短時間ではありましたが一時的に激しく雨が降り道路が川のように流れる状況になりました。

秋冬野菜が発芽

2022/09/24台風15号から温帯低気圧になり通過後の家庭菜園

昨日の、夕方までには雨が上がりました。畑に水が溜まること無く発芽した野菜の芽も風雨で倒れることもありませんでした。

青首大根

2022/09/24台風15号から温帯低気圧になり通過後の青首大根の芽

青首大根の種は、9月の5日頃に蒔きました。現在は、ギザギザした本葉が出そろっています。泥がはねて本葉に付着しましたが軽く一雨来れば流れて綺麗になるでしょう。

ほぼ全数発芽しましたが、晴れて暑くなった時期と重なり散水が十分でなかったせいか数本萎れてしまい、間引きする手間が省けました。

ほうれん草

ほうれん草は、自家採れ種とホームセンターで購入した種の2種類蒔きました。

自家採れ種を9月9日に蒔いて、購入種は15日に蒔きました。畝に蒔いたつもりでも結構な数がもぼれ落ちてしまうので、発芽して気がつきます。ある程度大きくなったら移植します。

自家採れ種

2022/09/24台風15号から温帯低気圧になり通過後の自家採れ種のほうれん草

9月9日に自家採れ種を蒔きました。2週間ほど経過して一応発芽はしていますが、購入種と比較して育ちが遅い。

購入した種

2022/09/24台風15号から温帯低気圧になり通過後の購入種のほうれん草

種蒔きの時期が1週間ほど後からですが、自家採れ種を追い越しました。

長い間、収穫出来るように2週間から3週間ずらして種蒔きをするのが理想的なんですが、追い越されてしまっては予定が狂いますね。

ミックス葉物野菜

2022/09/24台風15号から温帯低気圧になり通過後のミックス葉物野菜

ミックス葉物野菜の種です。袋の底に溜まった種を撹拌しないまま摘まみ採った順番に蒔きましたので、種の大きさや重さにより平均化されなくて偏って同じ種類と思われる葉が集まっています。

大根やほうれん草と異なり、葉物野菜の新芽は虫にとってはご馳走なんですね。早くも網状に食べられました。畑に沢山の蟻の巣があるので晴れて活動が活発になると虫退治に一役買ってくれると期待しています。

関連おすすめ記事

冬野菜の種蒔き2022|大根・人参・ほうれん草・葉物野菜の種ミックス
秋雨が上がり秋の空気と入れ替わり涼しくなった朝夕ですが、昼間は気温上と湿度が上がりますね。そんな中、大根・人参・ほうれん草・葉物野菜の種を家庭菜園に撒きました。 冬野菜の種蒔き 夏野菜をほぼ諦めて、先日引き抜き廃棄しました。例年ですとミ...
夏野菜収穫ほぼ終わり|天候不純の不作の年2022
異例の早さで梅雨明けしたと見られると発表が6月中にあり猛暑続が続きその後、戻り梅雨と思われる長雨で、夏野菜の勢いが衰えて今年は期待した収穫が出来ませんでした。例年でしたら、9月末頃まで細々と収穫出来ますが今年はきっぱり諦めました。 各夏野...
ミョウガ収穫|豊作になった2022
毎年手入れらしい手入れをしてなくて自然任せでミョウガを栽培収穫しています。今年は、梅雨の前にミョウガを栽培している敷地の草むしりをしておくとそれだけが原因では無いと思いますが、例年に比べて大量収穫が出来ました。 ミョウガ収穫 我が家の敷...

楽天広告

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました