夏野菜収穫ほぼ終わり|天候不純の不作の年2022

異例の早さで梅雨明けしたと見られると発表が6月中にあり猛暑続が続きその後、戻り梅雨と思われる長雨で、夏野菜の勢いが衰えて今年は期待した収穫が出来ませんでした。例年でしたら、9月末頃まで細々と収穫出来ますが今年はきっぱり諦めました。

各夏野菜

梅雨明けは、7月末頃と修正したようですね。戻り梅雨では無くて梅雨の中休みが長かったんですね。

ズッキーニ

6月中の梅雨明け後に猛暑となり、夏野菜の中でも特にズッキーニが急に勢いが衰えて収穫不能になりました。梅雨中の湿り気で順調に育ち始め最初の収穫が出来る時期になり楽しみにしていたところズッキーニの苗を頂戴した元農家さんの菜園では既に収穫を開始していましたので、お裾分けを大量に頂戴しました。

これから沢山収穫出来るところでしたが、断ることが出来ずに頂戴してしまいまして、これから我が家で大量収穫が期待できるのに消費しきれないと嬉しい悲鳴になる。しかし、喜びもつかの間、短い梅雨があけて猛暑になると、大きくなる前に腐敗してしまい全く収穫出来なくなりました。

そして、戻り梅雨(梅雨の中休み)になり復活することを期待しましたが、ほんの少しで期待するほどの収穫は有りませんでした。

ズッキーニ収穫終了引き抜き

根の張りが弱くて引く抜くと言うより茎を寄せた程度で地面から剥がれました。

キュウリとトマト

キュウリは、例年通りの収穫が出来ました。8月に入り収穫量が極端に落ち込みお盆休みに入る頃には茎が枯れはじめ収穫終了になりました。

キュウリとトマト収穫終了2022

トマトは、完熟する前に実割れしてしまい思った通りの収穫は出いませんでした。そして、暑さのせいで茎が枯れてしまいました。例年ですと10月頃まで細々と収穫出来ますが今年はこれで終了です。

丸オクラ

丸オクラは、梅雨時期の湿り気と蒸し暑さの中でぐんぐん育つはずが、梅雨の中休みの猛暑で勢いが衰えてしまい、背丈が例年より極単に、短かったです。従って、収穫量も激減でした。

丸オクラ収穫終了2022

昨年は、この時期に背丈が1.8mほどに育ちましたが今年は1.2mほどしか有りません。

ニガウリ

ニガウリだけは、丈夫ですね。昨年種を採って保管しておいて苗用のポットに蒔きましたが、それとは別に自然落果して発芽した苗が育ち、区別が付かないほどの大きさに育ちました。

ニガウリ2022

キュウリネットが確認できないほどの育ちました。こまめに収穫しても次から次と完熟してしまいます。収穫が間に合わなくなって自然に落ちて真っ赤になった実が散乱しています。来年の春には自然に発芽して再度収穫が出来ますね。

関連おすすめ記事

二条大麦のわらを夏野菜に敷き詰める2022|保水保温断熱自然素材で家庭菜園を楽しむ
近所の農家さんで二条大麦の刈り取りが昨日行われましたので、二条大麦のわらを頂戴して夏野菜の苗の側に敷き詰めました。天候が安定しない中、晴れの日が数日続いたのを見計らい刈り取りをされておりました。 夏野菜の苗の側に二条大麦のわらを敷き詰める...
パセリを夏野菜の苗の側に定植
走り梅雨のような天候になりがちで、家庭菜園の作業は連日続ける事が困難ですが、雨の合間を縫って今回は夏野菜の苗の側に昨年仕立てたパセリの苗を定植しました。 パセリ苗を定植 昨年の11月12日にプランターに野菜用の培養土100%を入れて、パ...
家庭菜園に夏野菜の苗を定植2022|ミニトマト・キュウリ・ナス・唐辛子・ピーマン・ズッキーニ
夏野菜の苗を家庭菜園に定植しました。昨日、農家のお店でミニトマト・キュウリ・ナス・ピーマン・唐辛子の苗を購入して、午後から家庭菜園に定植しました。それから、近所で頂戴したズッキーニの苗も定植しました。 夏野菜の苗を定植2022 最近は、...

楽天広告

コメント

  1. ニガウリって本当に丈夫ですよね(;^_^A
    なんか、健康にいいってのもこの丈夫さを見せつけられると、至極納得してしまいます( ̄▽ ̄;)

    • kanrekijiji より:

      今年は天候が不順でしたので、夏野菜が不作に終わりました。
      ニガウリだけは、それに反して丈夫で豊作になり食べきれません。
      健康的で良い食材ですよね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました