冬野菜栽培準備2021|大根 ニンジン ほうれん草

秋雨のため濡れた畑が乾くのを待ってミニ耕耘機で耕して冬野菜の種を蒔きました。近所の元農家さんの畑では大根の本葉が出始めました。出遅れ感はありますがある程度は畑が乾かないと耕せないため仕方ない。

冬野菜栽培準備

1週間ほど前に草をむしり取り苦土石灰を施して、その上にむしり取った草を乗せておき乾燥させて体積を減らしておきました。草を積み上げても場所を取らなくて済みます。

2021/09/21冬野菜準備のため苦土石灰を施す

台風から変わった温帯低気圧の影響で畑が湿っていました。2日間の晴れ間でも若干の湿り気がありましたがミニ耕耘機で耕しました。湿り気が多いと団子状態の球になってしまい手ですり潰すのに苦労しますね。

敷き藁に使っていた二条大麦のわらは撤去しないでそのまま放置して、醗酵鶏糞を畝を作る部分に多めに撒き散らしてから耕します。

2021/09/21冬野菜準備のためミニ耕耘機で耕す

農家のトラクターと異なり浅くしか耕せないし幅が小さいので複数回の往復耕しが大変ですね。

一通り耕し終わってから、ガイド紐を張って鍬で畝を作りますが、晴れて天気が良く湿度は低めですが気温上昇で息が切れる。

午前中から作業をしましたが、午後になり日陰に入り涼しくなるが相撲をテレビ観戦するため一日目終了する。

青首大根と早生ニンジンという種類の種と次郎丸という種類のほうれん草の種をホームセンターの使い切りタイプの1袋税込み98円を購入して準備していました。

2021/09/21冬野菜準備 ほうれん草ニンジン大根の種

国際色豊かな種です。ほうれん草がデンマーク製・ニンジンはイタリア製・大根はアメリカ製と袋に表示されていました。大陸製なら買わないが大陸製以外でも案外流通しているんですね。

大根とニンジンはなだらかな山形の畝にして5cm程度の間隔で蒔きました。

2021/09/21冬野菜準備 畝作りニンジンの種蒔き

2021/09/21冬野菜準備 畝作りほうれん草の種蒔き

ほうれん草は、畝の上部を平らにしてその上に平蒔きします。一列の筋蒔きだと大量収穫出来ないためです。

晴天が続くとの予報ですので、毎日の水撒きが楽しみです。

関連おすすめ記事

大根発芽|家庭菜園の冬野菜始動2020
朝晩冷え込むようになって大分過ごしやすくなりました。家庭菜園の冬野菜ように大根の種を先日蒔きましたが発芽し始めました。 大根発芽 今年の春先に、放置して置いた大根からとう立ちして花が咲き種をたくさん採ることが出来ましたので、その種を使い...
間引き大根のサラダと畝寄せ2020-9
台風12号は、陸地を逸れ直接の影響はさほど無かった北関東平野部です。今日は秋雨前線が活発になり畑作業は休止になりそうです。 昨日は、いつ雨が降り出すか解らない状況でしたが、雨が降り出す前に、先日蒔いた大根が育ち始めましたので間引きして...
幼葉大根の漬物|家庭菜園
今朝も霜が降りて辺りは真っ白になりました。6時半頃にならないと起床して行動するが辛い季節になりましたね。昼間は日差しがあると屋外でも過ごしやすいですので、昨日は先月大根の種を畑の隅に蒔き葉が育ち始めましたので収穫して塩揉みして漬物を作りまし...
大根の追加種蒔き|ほうれん草収穫
朝晩は冷え込みますが、日中はとても暖かくて過ごしやすい北関東平野部です。雑草の生長が遅くなり草むしりに費やす時間が少なくなり畑にいる時間が少なくなっています。昨日は、大根の追加種蒔きとほうれん草の収穫をしました。 大根の追加種蒔き 午前...
ほうれん草とう立ち開花|種とり
昨年秋から年明け頃まで時期をずらして、ほうれん草の種を蒔き順次収穫して食べました。そして複数の株を残して種とり用にしました。一部はとう立ち開花し、秋に開花した株は枯れて種が実りました。 ほうれん草とう立ち開花 時期をずらして種を...
夏ニンジン時なし5寸収穫|家庭菜園2020
今年は遅い梅雨明けでしたが、昨日も良い天気になりました。3月末に種を蒔いたニンジンを梅雨明けを待って収穫しました。7月の初旬に収穫しようと思っていましたが、今年は梅雨明けが遅くなり8月に入ってしまい、一部は腐敗していました。 夏ニンジン収...

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました