自家栽培の苦瓜を卵炒め

昨年頂戴した苦瓜の種を一年間保管しておき、庭の枯れた五葉松の根元に蒔きましたが、蒔いた時期が遅く8月末になりやっと実が大きくなり出しました。これから秋の空気と入れ替わると発育が止まり折角生りだしても思うように成長しないで終わってしまいそうです。

苦瓜を枯れた松の木の根元に蒔く

昨年完熟した苦瓜を近所で頂戴しましたので、赤く完熟した種を乾燥させてから古新聞紙に包んで一年間保管しておきました。4月の夏野菜の苗を植えると同じ頃に苦瓜の種も蒔けば真夏の暑さでどんどん育って収穫出来たはずだったのですが、6月頃になり種を保管していたことに気づいて慌てて枯れた松の木の根本付近にばら撒きました。

そして、近所では7月末ごろには立派に育って収穫していましたが、我が家の苦瓜は8月末にやっと収穫となりました。

苦瓜が実

苦瓜がオレンジ色に実る

気づくのが遅すぎて、オレンジ色に完熟して中がスカスカになり落果する寸前になっていました。放置すれば来年また生えるかもね。

収穫した苦瓜

小さくて短い、見慣れた苦瓜のサイズとは大分違いますね。小さい割に完熟して黄色く生るのが早い。さて味はどうなんでしょうか。

自家栽培苦瓜の卵炒め

沖縄では、苦瓜をゴーヤと呼び卵で炒めるとゴーヤチャンプルと呼びますが、当地では苦瓜の卵炒めと呼んでいます。

赤くなった種を口にほおばります。ベロでなめ回すと甘みが有ってとても美味しいですよ。よくよく舐めるとアイボリー色の種になるので乾燥させて保管します。

外側を水洗してから、縦に半割りして種を取り出しカットし、サラダ油を敷きカットした苦瓜を炒めて、塩こしょうで味付けして鶏卵を解いて流し込んでかき回し固まれば出来上がりですよ。

苦瓜の卵炒め

完熟気味の、苦瓜は柔らかくなり甘みが出て苦みが緩和されます。苦みが苦手な方は完熟するまで放置して収穫した方が良いですね。逆に、苦みがお好みの場合は青々とした時点の早めに収穫が良いようですね。

関連おすすめ記事

つるなしインゲン梅雨明け後は収穫最盛期|家庭菜園の夏野菜
初心者でも失敗が少ないつるなしインゲンですが、今年も梅雨明け後に収穫最盛期を迎えました。現在収穫可能なつるなしインゲンの草は、10本(株)あります。花が咲き始めた頃の2回目蒔きと双葉が出始めた頃の3回目蒔きの苗が育っています。 オリン...
ミニトマトとナスの支柱設置|家庭菜園の夏野菜
4月の末に農家の店で購入した夏野菜の苗が順調に生長しましたので、ミニトマトとナスの支柱を設置設しました。 ミニトマト支柱設置 昨年までは、根付近に支柱を立てて、トマトの茎を支柱に巻き付けるように螺旋状にして、自分の背丈より高くなる頃に、...
自家栽培ニンニク収穫と収穫の目安2021|家庭菜園
今年は、各地で例年より早く梅雨入りしているようです。北関東平野部はまだ梅雨入りは発表されていませんが、例年より早い梅雨入りは確実です。我が家の家庭菜園のニンニクが収穫期を迎えましたので梅雨入り前に収穫をすることにしました。 ニンニク収穫時...

コメント

  1. 先代の足跡に新しい命が頑張っている感じがします(*´ω`*)
    来年も良い実が実るのを、絶賛応援しなければです(^^♪

    • kanrekijiji より:

      出遅れてしまい実りが遅くなってしまいました。
      来年は早い時期に種蒔きをして育てたいと思います。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました