高齢の父親の心電図t波陰性

高齢の父親のかかりつけ医院での定期検査で、心電図を計測した結果t波が陰性(マイナス)と診断されましたが、様子見と言うことになりました。

心電図t波陰性

89歳と9ヶ月の父親ですが、3年前の10月に脳梗塞により失語症になってしまい、入院リハビリで普段の生活は出来るようになりました。しかし、高齢ですので家族の介助が無ければ単独の生活は出来ません。

先日かかりつけ医院にて、朝食を食べずに定期検査を実施しました。検尿をして採血、心電図を計測して貰う。

血液検査は、検査機関での判定になりますので次回診察の際に診断を受ける。

心電図については、その場で解りますので説明を受けました。

前回の心電図には、大きな山の頂上がふらついたような箇所が見られたが、様子見と言うことになる。

今回はそれに加えて、大きな山の次ぎに来る小さな山が逆向きの谷になって表示される。

院長からは、余計な説明なしに、エコーやCTで検査すれば更に詳しく解るが、様子見と言う。要するに何もしないで放置すると言うことなのです。そもそも、CTの装置がないから出来るはずがないが。

何れにしても、高齢者では発見しても開胸手術は困難なため余計な診断はしたくないのですよね。

帰宅後、父親にゆっくりと事情を説明して、大きな病院で検査入院するか尋ねると「いがね」(行かない)行きたいと言うはずがない。病院で最後を迎えるような気がして不安だったようです。

心臓の壁面が弛み肥大して血液の戻りのポンプ機能が低下してしまっているのが、主因かと思われます。

最近、血圧が安定しないため院長に相談するも、高圧の場合は下げる薬を増やせるが、低いときがあるので、様子見と言う。

かかりつけ医院の、様子見と言う放置に従い様子見をします。

関連おすすめ記事

高齢父親の不安定な血圧かかりつけ医院の指示は生活態度
高齢の父親を介護し始めて2年近くになります。最近血圧が不安定になってきましたので、毎月定期的に受診しているかかりつけ医に相談をしました。 かかりつけ医院を受診 高齢者の安定な血圧の説明 毎月1度の受診をかかりつけ医院で行っています。相変...
ディーサービスセンターで興奮したのか?血圧上昇で受診
春らしく、遠くの山が霞んで見える季節、そして木々の枝から白い目が膨らんだ様子が見てとれるようになりました。 血圧上昇した父 前日、父親が素直にディーサービスセンターに行ってくれてホットしたのも束の間、昨日は、朝食まではいつもと変わらぬ様...
89歳の誕生日を祝う|介護中の父親|認知症進行中
日の出の時刻が少しづつ遅くなるこの頃、朝晩の冷え込みで、起床するのが辛くなりましたね。先日、介護中の父親の89歳の誕生日を昼間から焼酎を酌み交わし祝いました。 89歳の誕生日 2年前のコスモス祭りの最中、脳梗塞により倒れ救急搬送...

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました