ブラックベリー収穫期が終盤|お盆前の干瓢剥き

先日の雷雨で、潤いが戻った我が家の家庭菜園の夕顔の実(ふくべ)です。次々に生長して、天候とお盆の関係が絡み干瓢を剥く日の選定が悩ましいです。そして、毎日1kgほど収穫していたブラックベリーの収穫がピークを過ぎました。

ブラックベリー収穫

ブラックベリー2019-8

豊作の今年は、収穫当初は1日あたり500g程度でしたが、ピークになると1kgほど収穫出来ました。

ジッパーバックに入れ手指で潰して、砂糖を入れてブラックベリージュースを作ったり、焼酎のペットボトルに入れて半々ぐらいの割合で、20度の焼酎を混ぜブラックベリーの健康酒を作って飲んでいました。

毎日採れすぎて、少々出来の悪い実は放置して畑の養分にしていました。それでも多すぎるため、焼酎のペットボトルに8割くらいブラックベリーを入れ隙間に焼酎を混ぜることにして、とても濃い健康酒を飲みました。

収穫しても後から後から、実ります。

ブラックベリーの健康酒は、ブラックベリーが多いので、実に付いた焼酎が勿体ないと思い、実を潰して搾り飲むことにしました。

さらしを袋状に縫い、ブラックリー健康酒の残った実を入れて、手指で潰して、搾りました。

ブラックベリー健康酒の実をさらしに入れる

優しくそして強く搾る。

ブラックベリー健康酒の実をさらしに入れる搾る

まだまだ出そうです。頑張ろう。僕は撮影、妻が作業員。

ブラックベリー健康酒の実をさらしに入れる搾る汁

4L焼酎のペットボトルの8割程度入っていた実から約300mlのジュースが搾れました。

ブラックベリー健康酒の実をさらしに入れる搾る汁2

昼ご飯の友に、グラスに氷を入れて搾りたてを2杯頂きました。
アルコール分が残っていたのと、雷雨の翌日で、このところのようには気温が上がらず、過ごしやすかったせいで、高校野球を見ながら3時間も昼寝をしてしまいました。

ブラックベリー開花|薄紫の可憐な花
昨年は不作の裏年でしたが、今年は枝がしっかりと伸び薄紫の可憐な花が咲き始めました。 ブラックベリー ブラックベリーは、学名Rubusで、バラ科のイチゴ属、原産国はアメリカ・ヨーロッパ 開花、豊作の当たり年 1年おきに豊作と不作を繰り...
ブラックベリー収穫2019年豊作
昨日は、晴れ間が出て暑くなりましたね。梅雨寒の中、一部ブラックベリーの実にカビが発生してしまいましたが、黒く色付き始めました。 ブラックベリー収穫 昨年は、不作の裏年でしたが、今年は多く実を付けました。数が多いためやや小ぶりの出...

夕顔の実(ふくべ)干瓢剥き

今年は、夕顔の実(ふくべ)を4個目を剥きました。数日中には1個収穫適正期が来ますが、台風の影響とお盆の来客など考慮しなくてはなりません。スケジュールが合わない場合は、夕顔の実を畑から収穫して、納屋に一時保管するしかありません。

午前5時前に起床して、家庭菜園の野菜と今日のメインの夕顔の実ふくべを収穫しました。

前回までの重量大きさと比べて、小ぶりですが、スケジュール関係で早めの収穫と干瓢剥きになりました。

今回は、約8kgと前回までの10kg12kgなどより小さいですが、皮が柔らかくて外径も小さいため、包丁がスムーズに入り、切りやすかったです。前回は3輪失敗して使えませんでしたが、今回は全数成功して、結果は同じくらいの量を干すことが出来ました。

夕顔の実ふくべ2019-08-11

実が小さいせいか、はたまた前日の雷雨の影響か、ふくべの果肉がとても瑞々しく適度な硬さがあり干瓢剥きカンナがスムーズに入り、途切れが少なかったです。

4個目の干瓢干し

午前6時、干瓢剥き並びに干瓢干し完了しました。日中高校野球を見ながら、帯同士が貼り付かないように、そして昼近くには洗濯竿に接触している部分を裏返しにして、貼り付き防止をします。

干瓢剥き|夕顔の実(ふくべ)
梅雨明け宣言も出て、本格的な夏がやって来ました。梅雨寒の中でも少しづつ成長してきた夕顔の実(ふくべ)ですが、梅雨明けして真夏の暑さの中、急激に大きくなりましたので、手動の干瓢剥きカンナにて剥いて天日干しして干瓢にしました。 干瓢剥き 夕...

今日の家庭菜園の野菜収穫

家庭菜園の野菜収穫2019-8-11

丸オクラ10cm前後のサイズ14本、とろける細っこなす7本、長なす5本、千両ナス1本、米ナス1本(個?)米ナスはこれより大きくなるような気がしますが、触った感じ皮が固くなりそうなため、収穫して確かめます。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました