サクラマスの刺身と炭火焼きバーベキュー

10月にしては気温が高かった昨日ですが、釣り立てのサクラマスを頂戴しましたので、刺身と炭焼きバーベキューで家族団らん食べました。

サクラマス

サクラマスはサケ目サケ科属する河川などに残留する陸封型ですね。海から長旅を経て帰ってくるサケとは別ですね。

50cmオーバーのサクラマスを息子の友人から頂戴しました。元々は放流したと思われますが天然物に近いサクラマスは高級魚らしいですよ。1kg2000円から3000円程だと仰っていたそうです。正確に重量を計測していませんが3kg超ありそうでした。

釣り立てのサクラマスを夕方に頂戴しましたので、息子が早速3枚におろして翌日に備えました。

サクラマスの刺身と炭火焼きバーベキュー

何時ものように、自作の炭熾し器で松の枯れ葉と古くなった篠竹を使い、炭熾しをしてからバーベキューコンロに移動してします。

サクラマスの刺身

サクラマスを串刺して焼き上がるのを待つ間に、刺身にしたサクラマスを分け合って食べました。

2021/10/10サクラマスの刺身

養殖のサーモンと全く異なる味と食感です。独特の臭みが全く無く肉質はしっかりとしている。取り合いになるほどの勢いで無くなり、焼く前の半身を刺身にして食べたいという意見が出たが、炭を沢山熾してしまっているので、刺身は諦めて炭火焼きにすることにしました。それにしても美味しすぎて名残惜しい。

サクラマスの炭焼きバーベキュー

焼けるまで、泡飲料がとても進む。

2021/10/10サクラマスの炭焼きバーベキュー1

2021/10/10サクラマスの炭焼きバーベキュー2

焼きすぎ感があるが、刺身同様に淡水魚特有の生臭さは全く無い。

2021/10/10サクラマスの炭焼きバーベキュー焼き上がり

素晴らしい美味しさにあっという間に食べ終わりました。

最後に、頭と骨を炭火で炙ります。

2021/10/10サクラマスの炭焼きバーベキュー頭と骨を炙る

焦げ目が付くまで炙り、豆腐と長ネギ味噌を入れて石狩間部風に仕立て食べました。

関連おすすめ記事

渓流魚の炭焼きバーベキュー|ヤマメ・イワナ・ニジマス
昨日は、台風から変わった温帯低気圧が東日本近海を通過したようですが、北関東では予報に反して雨風は少く被害はありませんでした。そんな中、恒例の自宅休日バーベキューを行いました。 渓流魚の炭焼きバーベキュー 息子が友人から渓流で釣った魚を頂...
アオリイカの炭焼き|家族バーベキュー
猛暑続きの北関東平野部ですが、昨日はやや気温が下がり過ごしやすい一日と成りました。そんな中、友人からアオリイカを頂戴しましたので、炭焼きバーベキューをしました。胴長40cm超の大型サイズは実の厚さがあり食べ応えがありました。 アオリイカの...
自家製タレの炭火焼き鳥と鯉の串刺しバーベキュー
本格的な梅雨になりましたね。当地は、道路が冠水したり坂道が沢のように流れる程の雨は降っていません。そんな中、昨日の昼間は雨が止み道路も一時的に乾くほどの天気になりました。絶好のバーベキュー日和となり、恒例の休日家族バーベキューを行いました。...

コメント

  1. 身はもちろん、やっぱ頭部とかのアラの部分は魚の醍醐味ですよね(^^♪
    鮮度も抜群ですし、メッチャおいしそう(*´ω`*)

    • kanrekijiji より:

      刺身は淡水魚特有の臭みが全く無く最高でした。
      頭部や骨の間の脂ののった身は格別ですね。
      骨以外は全て美味しく頂きました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました