石油ストーブでクリームシチュー|寒い日は暖を取りながら

冷たい雨の日が続きますね。家庭菜園の作業は連日休み、コタツでゴロゴロとしているだけでは勿体ないです。石油ストーブを出して、ストーブで調理をしました。

石油ストーブでクリームシチュー

最近は、コタツの他に暖房は石油温風ヒーターを使用しています。

石油ストーブの利点

素早く満遍なく室温が温まりますが、鍋やヤカンを上に乗せても温まりませんね。

石油ストーブを出してきて、目視点検並び埃を除去してから灯油を補給して点火しました。
赤々した燃焼筒、懐かしい灯油の燃える匂い、なんとも気が落ち着きそれだけで満足です。

クリームシチュー調理

鍋にオイルをひきタマネギと人参、エリンギをカットして投入します。

水を鍋に半分程度入れてから石油ストーブの上に乗せます。

煮立ってきたら、かき混ぜて蓋をして暫し見守ります。

石油ストーブでクリームシチュー調理1

水が蒸発しますので、無くならないように時々見て、足りないようでしたら追加します。

午前11時頃から加熱し続けて、午後4時頃に市販品のクリームシチューの素を入れて良くかき混ぜ1時間ほど加熱しました。

石油ストーブでクリームシチュー調理2

この時点で加熱終了でも良かったですが、火力を弱めて食べる寸前まで加熱し続けました。

石油ストーブでクリームシチュー調理完成

石油温風ヒーターにない石油ストーブで暖を取りながら調理をするのは、暖房と調理の一石二鳥と楽しさが加わり一石三鳥になりました。

コメント

  1. 石油ストーブって他の暖房器具では味わえない温かみがありますよね♪
    僕は暖炉ってのは経験ないんですが、暖炉と同じような感覚があるのかなって思います(^^♪

    • kanrekijiji より:

      温まりながら調理も出来るのは助かりますね。
      暖炉の有るお宅に行くとキャンプ気分になれてとても心地よいですよね。
      暖炉に憧れます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました