キンカン実り色付く|防寒対策が功を奏す

軽い風邪の症状により普段からだらだら生活ですが、2日間あまり屋外行動をしないで石油ストーブの前で過ごしましたが、寛解と言えるまでに回復していません。現役時代は風邪など引いている暇が無い忙しさで働きました。寒暖差が大きい異常な気候が原因か、気の緩みか、加齢で抵抗力が衰えているのか、いずれにしても困ったものです。重篤化しないのがせめてもの救いか。そんな中、屋外に出てみるといつの間にかキンカンが黄色く色付き始めました。

キンカン実り色付く

今年の3月中旬にホームセンターにて生り終わってキンカンの木だけの状態で、約半額で販売されていた木を2本購入して庭先に直植えしました。

鉢植えの間が実る確率は多いようですが、管理不足で枯れるよりは、生る確率が少なくても防寒対策をすれば、直植えの方が枯れる心配は少ないです。

キンカン植える|大きく育て
春の陽気で、気怠さを感じますね。 ホームセンターに買い物に行くと、売れ残りのキンカンが通常販売価格の約半値で、投げ売りしていました。 キンカン 通常ホームセンターなどで販売されているキンカンは、キンカンの実が鈴なりになった...
赤レモンとキンカンの防寒対策
各地で積雪の報道があり本格的な寒さがやって来ましたね。今朝の冷え込みで、霜が降り薄氷が張りました。前日に防寒対策として赤レモンとキンカンにポリ袋を被せました。 園芸用の小さいサイズのビニールハウスだと場所が狭いため適さないと思い園芸用のア...

そのうち1本が夏頃に、白い小さな花をほんの少しだけ咲きましたので、実ることを期待しました。

柑橘類は、木が大きくなれば別ですが、品種改良が進んだとは言え、小さな木で花が咲いても実ることは希なのです。

防寒対策したキンカン

防寒対策として、ホームセンターでアーチ棒とポリ袋を購入して施した頃は、4mmから5mmくらいのまともに育つかどうか解らないくらい小さかった実が、防寒対策が功を奏したのか、たったの3個ですが親指大に育ち黄色く色づきました。

黄色く色付き始めたキンカンの実

枝の元の方に黒いビニールテープで保補修してあるのは、モチノキを剪定しているときに、枝が落ちて来て割れてしまいました。折角、数少ない実がこれで終わりかと思いましたが、運が良かったのか再生されました。

来春に防寒の囲いを外し、新しい枝が伸びて夏頃に花が咲けば、今年以上に実ると期待できますね。

 

コメント

  1. ただでさえこの季節は昼と夜間の寒暖差があるのに最近あったかかったり、寒かったりがめっちゃ激しかったですもんね(;^_^A
    金柑の恵みでバッチリ回復してくださいね(^^♪

    • kanrekijiji より:

      異常気象ですよね。寒暖の差について行けない老体になってしまいました。
      キンカンパワーで風邪を吹きとがします。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました