ブラックベリーの来年の収穫に向け手入れ2020

昼間は、まだ暑さが残り秋らしい爽やかさに成りませんね。そんな中ですが、来年の収穫に向けてブラックベリーの枝を手入れしました。

ブラックベリーの手入れ

今年は裏年と思い収穫は期待していませんでしたが、嬉しい誤算で実の付きがとても良く期待に胸が膨らみました。しかし、長梅雨の影響で実が大きくならずに梅雨明けを迎えてしまい、極端な高温に晒された実は萎んでしまいました。収穫は通年の裏年の収穫量よりは採れましたが、萎んでしまった残りの実の方が収穫出来た量よりも多かった。

2020/09/15ブラックベリーの萎んだ実

2020/09/15ブラックベリーの萎んだ実2

実に哀れで勿体ないですよね。このままにして次の年用の枝を乗せてしまうと、新しい実が採りづらくなりますので、一部を残して一旦綺麗に排除します。一部残すのは、幹の部分で新しい枝の支えにします。

2020/09/15ブラックベリーの来年用の枝

古い幹の地面脇から新しい幹が2本出ました。この2本の幹が来年枝分れして実を付けます。

本来なら綺麗に収穫した後、古い枝を排除して新しい枝を棚にのせますが、萎んだ実を排除するのはなんとも残念な気分です。

新枝は、隣にあるブルーベリーの天辺に覆い被さるように長く伸びました。

その枝を、優しく棚の上に誘引して太い分はシュロ縄で縛り、細い枝部分は麻紐で縛りました。

2020/09/15ブラックベリーの来年用の枝を棚にのせる

2020/09/15ブラックベリーの来年用の枝を棚にのせる2

2020/09/15ブラックベリーの来年用の枝を棚にのせる3

まだ幹から枝分かれした新芽の数は少ないです。これから真冬になると一旦葉が落ちますが、枝は枯れません。

来春に芽が吹き新芽が出て新しく枝分かれしてます。そして、花が咲き夏に実を付けます。

2本の幹があれば、来年の収穫も期待できそうです。

関連おすすめ記事

ブラックベリー収穫終了2020
甲子園高校野球交流試合が昨日で終わりました。暑い最中に熱戦を繰り広げ感動しました。 昨日の夕方、遠くで雷鳴が聞こえだし、これは当地でも雷雨になると期待しましたが、雨雲の本体からはぐれたくもの一部がかすめ、通り雨程度で終わってしまいまし...
ブラックベリーが収穫期を迎える|長い梅雨による影響
梅雨明けが例年に比べて大幅に遅れている北関東平野部です。7月の中旬に梅雨明けすると連日酷暑に見舞われてしまいますので、梅雨が長い方が熱中症にリスクは低下しますが、様々な場面で影響が出ますね。我が家の庭の片隅にあるブラックベリーが収穫期を迎え...
ブラックベリー開花2020
一昨年は不作の裏年で、昨年は豊作と一年ごとに不作豊作を繰り返してきた我が家のブラックベリーですが、今年は不作の年となるはずですが、豊作になると思われる多くの花が咲きました。 ブラックベリー ブラックベリーは、学名Rubusで、バラ科のイ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました