戻り梅雨か家庭菜園の水撒きと草むしり暫し休憩2022

台風崩れの低気圧の停滞により気温上昇が緩和されました。そんな中、日中家庭菜園の草むしりに励みました。しかし、雷雨の天気予報にも拘わらず全く降雨がありませんので、井戸水を毎日夕方に水撒きしていました。戻り梅雨になったのか昨晩から雨が降り畑全体を潤しましたので、暫しの草むしりと水撒きは休憩となります。

家庭菜園

梅雨明け後の猛暑の中での草むしりは熱中症の危険があるため自粛しておりました。前回の台風崩れの影響で暫くの間気温が上がりませんでしたので、日中は草むしりに励んで夕方に井戸水をくみ取り主にキュウリとナスに水を撒きました。

2022/07/12家庭菜園の草むしり

家庭菜園の夏野菜の水やり

キュウリは、日中に葉が萎れて元気がなくなりますが、ナスは比較的水切れに強いので葉は萎れませんでした。キュウリは、曲がりキュウリでくびれが出来て空洞になり水分が少なくて硬くてとても美味しいとは言えない状態です。

ナスは、日照りに強いと言われますが、実を付ける時期には大量の水を必要としますので、水不足のため実が大きく育たなく皮が硬くて中綿が硬くて漬物にしてもザクザク状態です。

地面の乾燥を防ぐために二条大麦のわらを引き詰めていますが、長い間雨が降らないと防ぎようがないですね。

枯れない程度の水撒きでは、まともな収穫が出来ませんね。

しかし乍ら、今回の戻り梅雨と言うのか第二の梅雨と言うのか、まとまった雨で畑が潤い家庭菜園の夏野菜が復活して大量収穫が出来ると期待します。

2022/07/13戻り梅雨で潤った家庭菜園の夏野菜

2022/07/13戻り梅雨で潤った家庭菜園の夏野菜2

因みに、画像の一番奥はサニーレタスの花です。昨年に栽培したサニーレタスから自然にこぼれ落ちた種から発芽した苗を現在の場所に定植して育てました。

家庭菜園の草むしり

雑草は、むしり取ってもむしり取っても後から後から生えてきます。エンドレス草むしりループに陥っております。

二条大麦のわらを畑に敷き詰めておりますので雑草の生え方は少しは緩和されていると思いますが、それでも雑草魂は強いのです。

それから、二条大麦のわらと一緒に二条大麦の種が一緒に着いてきているため、まるで栽培しているかのごとく生い茂りだしてます。

2022/07/12家庭菜園の草むしり 二条大麦繁殖中

2022/07/12家庭菜園の草むしり 二条大麦繁殖中2

雑草に見える葉は、殆どが二条大麦の葉ですが、イネ科の雑草も混じっています。

2022/07/12家庭菜園の草むしり 二条大麦繁殖中雑草と並べる

上の画像の、左がイネ科の雑草で右が二条大麦です。なるべく二条大麦を残して日除け並び保水効果を狙いつつ、夏野菜達のコンパニオンプランツとして期待します。

関連おすすめ記事

自家仕立てのキュウリ苗にキュウリネット設置
自家仕立てのキュウリ苗を定植してから少しずつ伸びてきましたので、ダイソーで購入したキュウリネットを設置しました。前回までのネットの大きさは10cm角で180cm×180cmを繋げて使用しましたが、今回は5mほど必要でしたので3枚繋げるより粗...
キュウリと苦瓜の苗を家庭菜園に定植2022
天気が安定しない中、晴天で高温になる日に夏野菜の苗を植えると弱ってしまう場合がありますね。次の日が雨の日を見計らい自家仕立てのキュウリと苦瓜の苗を家庭菜園の畑に定植しました。 キュウリの苗の定植 ホームセンターで昨年購入した(1...
二条大麦のわらを夏野菜に敷き詰める2022|保水保温断熱自然素材で家庭菜園を楽しむ
近所の農家さんで二条大麦の刈り取りが昨日行われましたので、二条大麦のわらを頂戴して夏野菜の苗の側に敷き詰めました。天候が安定しない中、晴れの日が数日続いたのを見計らい刈り取りをされておりました。 夏野菜の苗の側に二条大麦のわらを敷き詰める...

楽天広告

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました