カレイの刺身

新型コロナウイルスCOVID19の感染拡大、緊急事態宣言、大雪による被害など明るい話題が有りませんね。そんな中、昨日はカレイの刺身に舌鼓を打ちました。

カレイの刺身

2021/01/10カレイの刺身

息子が茨城県の某海岸に早朝釣りに行きましたが、残念なことにボウズでした。この寒さの中での釣りは大変なところに来てボウズでは残念すぎます。

帰りに、カレイを購入してきましたので、早速捌いて刺身にしていただきました。

前回は、良い形のヒラメが釣れましたので、いわゆる2匹目のドジョウを釣りに行ったわけですが、そんなに毎回甘い話はありませんよね。

ヒラメとカレイでは販売価格が極単に違います。当然ヒラメが高いですね。しかし乍ら、食べると好みにもよりますが、カレイの方が身に硬さがあります。

若干、ヒラメより薄切りにしたようですが、それでも歯応えは、ヒラメよりカレイの方が硬さを感じる。

案外ボウズでも違った感覚を味わえて良い体験となりました。

白子も入っていましたの軽く湯がいて、ワサビ醤油で頂きました。言うまでも無く、とろっとしていて美味ですね。

2021/01/10カレイの白子

頭と骨と皮は、お湯をたっぷり沸かして煮込んで味噌汁にしました。今回は、ネギもショウガも入れないで添加物はダシ入り味噌のみです。

前回のカレイの味噌汁は、ショウガを入れすぎたようで不評でした。やはり、素材を生かすには余計な物は入れない方が良いですね。

関連おすすめ記事

ヒラツメガニの唐揚げと味噌汁|新鮮獲れたてを調理
息子が茨城県南部の海岸で釣ってきたヒラツメガニを唐揚げと味噌汁にして食べました。 ヒラツメガニ ヒラツメガニはマルガニやHガニなど呼び方は地方により色々あるようですね。甲羅や爪などはズワイガニなどと比較して柔らかいので身と一緒に食べられ...
天然ヒラメの刺身とお歳暮の新巻鮭
今朝の室内気温は10度を下回り屋外気温は0度以下、霜が降りて辺りが真っ白になった北関東平野部です。本格的な寒さにまだ体が慣れきっていません。体調管理が大切な季節になりましたね。 息子が茨城の海岸で、天然のヒラメを釣り上げてきて刺身に捌いて...
天然ヒラメの薄切り刺身|白菜の漬け物試食
2020年も大晦日となりコロナの年も終わりに近づきましたね。来年はワクチンの接種が始まり終息に向かうことを願う。そんな中、息子が茨城県南部の海岸でヒラメを釣り上げてきましたので、捌いて薄切りの刺身にして食べました。それから、先日漬け込んだ白...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました