キュウリの古漬け|最終洗浄2018

12月も下旬になり、やっと冬らしい寒さが、やって来ましたね。
夏の間、生りすぎたキュウリを古漬けに漬けていました。
そして、キュウリの古漬け独特の匂いを消すべく、洗浄を繰り返してきました。
今回は、最終となる洗浄をしました。

キュウリの古漬け最終洗浄

水洗

屋外に保管してある漬け物桶から、古漬けを出して、屋外の水道で一本一本水洗しました。

キュウリの古漬けは、多少の白い浮遊物が出ていますが、決して悪影響を及ぼす雑菌ではないと思います。

独特の、匂いもほぼありません。
成功していると思います。

続いて、漬け物桶、重り、落とし蓋を水洗しました。

乾燥

洗浄後のキュウリは、篭に載せて、日当たりの良いところで、乾燥させました。

寒風で、乾きがとても良く、3時間ほどの乾燥で、塩の結晶が薄らと出てきました。

キュウリの古漬け洗浄乾燥201813

粗塩追加収納

乾燥後、漬け物桶に奇麗に並べて、数を数えたら、残り58本でした。
当然ですが、食べれば無くなります。
来年は、もっとたくさん作りたいです。

キュウリの古漬け収納201813

粗塩を、たっぷりと振り掛けました。

そして、落とし蓋をして、重りを乗せて、蓋を被せて、保管しました。

味見

少なくなるのは、とても寂しいですが、味見をするべく、6本を薄くカットして、水洗してから、熱湯をかけて、塩分を出します。

冷めた頃に、水洗しながら、揉み洗いをして、おろし生姜をかけて頂きます。

関連記事

キュウリの古漬け製作完了試食2018
2018年7月8日に最初のつけ込みから、幾度もキュウリを継ぎ足してきました。 毎日のように採れ立て新鮮キュウリを食べました。 今年の夏は、好天続きで育ちが良くて、採っても後から後から育ち、毎日採らなくては育ちすぎてしまう状態でした。 ...
キュウリの古漬け製作開始2018
昨年、豊作だったキュウリを、古漬けにして保管、また小出しにして食べていましたが、残量が少なくなると寂しくなりました。 今年も、キュウリを5本JAから購入した苗を植えました。 梅雨の短かったのが幸いしたのか、昨年の豊作を上回る勢いで生...

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました