真冬に夏タイヤ購入

日記
フリードの夏タイヤ
スポンサーリンク

真冬到来で毎日寒い日が続きますね。昨日は、曇り空で冷たい北西の風が吹き長時間屋外にいるのは辛い一日となりました。そんな中、友人の経営するガレージにて新品タイヤに交換してきました。

スポンサーリンク

夏タイヤ購入

フリードの夏タイヤ

冬ですのでスタッドレスタイヤに履き替える時期です。

孫娘の使用する車の夏タイヤが減り始めていたので、夏タイヤは春先にならないと必要ありませんが、友人は売り上げが少ないと嘆いていることもあり何れ必要になるので注文しておきました。

彼が言うには、夏タイヤは冬に製造して、冬タイヤは夏に製造するとのことで、春先になり夏タイヤが必要になってころには品薄傾向になり若干価格が高騰する。しかし乍ら今年は新型コロナウイルスCOVID19の影響でそのような読みは皆無と思いますがね。(売り上げを増したくて言っている?)

孫娘が使用するので、高級タイヤは不要と思うが、やはり国産タイヤが最低条件です。

今まで長い車人生の中で、サイドにクラックが発生する確率が極めて少ない国産タイヤは、ブリジストンタイやヨコハマタイヤでした。

ブリジストンタイヤよりヨコハマタイヤが安価ですので今回はヨコハマタイヤを選びました。
どのみち、孫娘から料金回収は出来ないから安価な方ですました。

友人宅のガレージでタイヤ嵌め変え

午前10時半頃、栃木県北部の友人宅に到着して、車を降りると妙に冷たい風が吹きまくっている。県南東部より若干だが寒い。

早速、持参したホイールを下ろして作業にかかって貰う。薪ストーブに点火してくれてあって作業場は暖かい。

友人が、「作業をしている間に畑に行って白菜と大根を好きなだけ採って来て良いよ」と言う。その一言を待っていました。

用意してくれていた段ボール箱に巨大な白菜5株、大根3本を収穫して車に積み込みました。

タイヤ交換にかこつけてこれが本当の目的かな。

作業が終わり、新しいタイヤを積み込み、暫し雑談をして帰宅しました。

新しいタイヤのさわり心地と匂いに酔う。

栃木県北部は、冬型が強まると平地でも雪が舞い散る日がありますが、冷たい北西の風が吹きましたが雪は降りませんでした。

 

タイトルとURLをコピーしました