スポンサーリンク

自然食品

季節を忘れた野菜|ミニトマトとジャガイモ

投稿日:

今年は、寒くなるのが遅いですね。雨天で無い限り、庭の作業をしている毎日です。

そんな中、季節感を忘れてしまったかのように、ミニトマトとジャガイモが全盛期になっています。

ミニトマト

毎年、ミニトマトは自然に生えていまして、11月も終盤になる頃は、霜が降りて完熟になる前に、皮がシワシワになり食べられる状態ではありませんが、今年は、まだそれ程の寒さが来ていないようで、赤い実を付けています。

そして、黄色い花がたくさん咲いていますので、寒さが来なければ、まだ実を付けそうです。

自然に生えたトマト

味は、とても旨いとは言いがたい、酸っぱくてトマト本来の味からは離れています。

トマトが自然落下して、種が夏頃に自然に生えて、秋口にやっと一人前の大きさになり、今頃、実を付けます。

やはり、当地で自然繁殖したトマトを食べるのは、無理がありそうです。

ジャガイモ

ジャガイモは、毎年皮を土に埋めるだけで、収穫しています。

毎年、梅雨が終わる頃に収穫しますが、タイミングを逃し、放置してしまったので、新ジャガイモが腐ってしまいました。

二期作ジャガイモ

そのまま放置していると、秋口になり芽が出てきて、段々大きくなり、花は咲くかどうかは定かではありませんが、茎の脇の土を少し掘ると、ピンポン球程度の、新ジャガイモが実っていました。

今年は、二期作できたと言う事になりますね。

収穫は、もう少し育ててからにします。

スポンサーリンク

feedly

follow

-自然食品
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.