スポンサーリンク

調理

手作り鶏むね肉の燻製|柿の木の枝で燻すNo7

投稿日:

今回で、今年7回目となる燻製を作りました。

スーパーマーケットの新聞折り込みチラシに、国産の鶏むね肉が100g52円税込みが数量制限無しで、出ていましたので、購入しました。

最近、国産の鶏むね肉がとても安く販売されていますので、とても財布に優しいですね。
豚肉の価格が上昇傾向ですので、いつまで鶏肉が安価で販売されるか解りませんね。

鶏むね肉の燻製

丸網の炭コンロとハイブリッド炭

前回とても火持ちがよかった、100円ショップの丸い焼き肉網の炭コンロを、今回も使用しました。

丸網の炭コンロ2019-02-18

今回は、着火剤を使用せずに、先日枯れてしまったキャラ木を切り倒した小枝に、新聞折り込みチラシにライターで点火しました。

乾燥しているため、着火剤不要で凄く燃え上がりました。

鶏むね肉を下処理(味付け)

炭を熾している間に、国産むね肉に、前回と同じく、カレーパウダー仕様の4枚と塩こしょう仕様の5枚を下処理ました。

鶏むね肉のカレーパウダー4枚と塩こしょう仕様5枚

今回は、カレーパウダーが少なかったです。
途中で使い切ってしまいました。

柿の木の枝

柿の木の枝2019-02-18

毎回、親指の太さくらいの柿の木の枝を、カットしてきて使っています。

重なった枝は、何れ剪定しなくてはならないため、勿体なくはありません。

燻し開始

セット完了して燻し開始したのが、午前9時半時頃です。

炭の在庫管理が悪かったようです。

ほんの少ししか残っていませんでした。

近所のホームセンターに木炭を買いに行こうと思っているところに、近所のお母さん達が登場しました。

「お爺ちゃん最近どういう様態?」など世間話がとても長くて、ホームセンターに行くことが出来ません。

かと言って、「出掛けるので・・・」は、特に高齢の方に対し言えるわけがありません。

急いでいても、普通に会話をして、暇乞い待ちました。

しかし、一向に帰る気配無し、お母さん同士で関係ない世間話で盛り上がる。

燻製機の内部温度が上がらないのを横目で見る自分。

お母さんの一人が「今何時」現在時刻午前10時頃、既に30分程度話に花が咲いている。

そろそろ、お母さんの一人が「帰るかなぁ」僕「まだ昼食には早いから良いじゃないの」

この地には、変な習慣があり、暇乞いの1回目は、引き留めるんです。

解散したいが、後1回暇乞いが欲しい。

お母さん達の会話が途切れない、それでも僕は黙っていないで会話に入ろうとする。

そうしないと、嫌がられていると思われ、変な噂を近所中にばらまかれる危険がある。

午前11時頃やっと、「もうぐお昼だがら帰えっぺ~」やった~気をつけてね~また来てください。さようなら~。

早速、ホームセンターに行って木炭を購入して追加しました。

30分後、内部温度が85度に達しました。

希望の温度に達するまで、長い時間が掛かりました。

鶏むね肉の燻製完成2019-02-18

夕方の5時頃、温度を高めにして、何時もの様に仕上がりました。

 

鶏むね肉の燻製完成2019-2-02-18

今回は、朝から色々と有りましたが、一日楽しく過ごすことが出来ました。

 

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-調理
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.