手作り鶏むね肉燻製が今シーズン最初にして最終か

昨シーズンは、手作り燻製作りを複数回行いましたが、例年の暖冬傾向から一転して今シーズンは寒さが厳しく北西の冷たい風が吹く日が多くなり、屋外での燻製作りには不向きでしたので暖かくなり出した3月になりました。

手作り燻製器で鶏むね肉の燻製作業

前日にスーパマーケットに行くと、広告の品で鶏肉がたくさん並んでいて、単価を確認するとなんと国産鶏むね肉が税別で100g38円と最近では1番の安さに驚き4枚入り2パックを購入しました。

燻製器に収納可能な鶏むね肉の数は9枚ですので、3パックは多すぎると判断したのが、甘過ぎたのです。その日の夕方に妻が夕食の食材に2枚使ってしまったのです。結局、3枚分のスペースがもったいなかったです。

炭熾しは手作り炭熾し器で

2022-03鶏ムネ肉燻製準備中炭熾し

バーベキューでも大活躍の手作りの炭熾し器で、枯れた松の枝と家庭菜園で使って朽ち果てる寸前の篠竹に点火して木炭を乗せて炭熾しをしました。

鶏むね肉に粗塩と粗挽き黒コショウを塗し燻製器に吊り下げる

炭熾し中にスーパマーケットで購入した鶏むね肉に粗塩と粗挽き黒コショウを塗して、ステンレス針金で作ったフックを刺して燻製器に吊り下げました。愛犬用に一枚だけ塩コショウなし仕様にしました。

燻製器に熾した炭をセット

2022-03鶏ムネ肉燻製準備中鶏肉セット中

燻製器に熾した炭をセットしようとして前回残りの灰を除去しようとしたら炭を置いていたおかきの缶が朽ち果てていたので、使い古したバーベキューの網を折り曲げて炉内の底部に散らばるのを防止しました。

2022-03鶏ムネ肉燻製準備中炭セット完了

燻す材料は柿の木の枝

燻製には欠かすことができない燻す素が無いと燻製になりませんようね。今回も庭の柿の木の枝をカットして使いました。親指の位の太さの枝を20cmにカットして熾した炭の脇や上に乗せればモクモクと煙が発生して燻します。

燻製器の蓋をして房温度計をセット

炭と鶏むね肉のセットが完了してから、燻製器の蓋をして房温度計をセットしました。

9時半ごろにセット完了しました。

燻製作業中断で散歩並び休憩

10分ほどで70度に上昇しましたので、妻と愛犬で田んぼ道を散歩しました。1時間ほどで帰宅して温度確認すると95度付近でした。80度くらいが理想と思っていますが、一時的だということにします。

そして、暫しコーヒータイムをしました。

炭と柿の木の枝を追加

2022-03鶏ムネ肉燻製いぶし中

11時半ごろ確認すると70度ほどでしたので、炭と柿の木の枝を追加しました。

午後1時半ごろ再度、炭と柿の木の枝を追加して最終サイクルにしました。

素手で触れる温度まで下げてから取り出す

2022-03鶏ムネ肉燻製完成

午後4時ごろになって、素手で触れるくらいの温度まで下がったところで、ステンレスボールに入れて1日掛かりの作業が終了しました。

楽天広告

コメント

  1. 美味しそう(^^♪
    そして、めっちゃ安Σ(´∀`;)

    超お値打ち価格ですが、手間暇はガッチリかけた逸品ですな(^^♪

    そして、まぁこちゃんの分もバッチリあるんですね( *´艸`)
    喜びそう(^^♪

    • kanrekijiji より:

      国産の鶏ムネ肉が超お値打ち価格で入手できましたので、一日掛けて楽しく仕上げました。
      あっという間に食べてしまいました。まぁこも大変喜びました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました