鯖のへしこ&ヤリイカの炭火焼きバーバベキュー

鯖のへしこ&ヤリイカの炭火焼きバーバベキューを平日に行いました。休日に家族で自宅バーベキューが恒例ですが、今回はお土産に頂戴した鯖のへしこを室内で焼きたくないと妻のリクエストにより屋外で炭火焼きすることにしました。

お土産に頂戴した鯖のへしこ&ヤリイカを炭火で焼く

我が家で恒例となっている休日家族バーベキューですが、今回は平日にお土産に頂戴した鯖へしこ&スーパーマケットで購入したヤリイカを炭火で妻と二人バーベキューをすることにしました。

鯖へしこ&ヤリイカ

鯖へしこ&ヤリイカ2

早朝は寒さが厳しかったのですが、いい天気になり屋外で炭火焼きをするには絶好のチャンスなりました。やはり、炭火で焼くとひと味違うプラシーボがありますよね。鯖へしこ一尾では、炭をおこしても勿体ない気がしましたので、スーパーマケットにてヤリイカを購入して同時に焼くことにしました。

手のひらより大きめのヤリイカが5杯で税別568円は、高価になりましたね。少し前までは、半値程度でしたね。ましてや、真イカなど買えませんよね。

ぬか漬けで発酵している鯖へしこには、たっぷりと発酵した米ぬかがたっぷり付着した状態で真空パックされています。説明書によると、米ぬかを払いのけるまたは、水洗してから焼くそうです。ぬかを中途半端に割り箸で払いのけから網に載せて焼きました。

鯖へしこを炭火焼き開始

手指を網付近に晒して5秒程で熱く難じるくらいの中弱火にしてじっくりと焼くことにしました。この待っている時間がなんとも楽しいのです。焼き始めてから約15分で片側が良い感じの茶色になりました。

鯖へしこ炭火焼き片側25分経過

ひっくり返しましたが、散けてしまいました。残念ですが無残な姿になる。しかし、散けても塩分が多いためがぶりつくような食べ方はできないため散けても由とします。

鯖へしこ炭火焼きひっくり返したが散ける

もう片側は約10分でこんがりと焼けました。頭と尻尾も追加で加熱して食べきれるようにします。

別なBBQコンロに少量の炭を入れて、網ごと移動して保温して、ヤリイカを焼くことにします。

ヤリイカの炭火焼きバーバベキュー

ヤリイカは、網を使わずに金属串を刺して焼きました。水洗しないで焼きますので、海水の塩分が付着していますので敢えて振り塩はしないで、焼き始めます。適度に色が変わり焼けた頃に醤油を少量垂らして香り付けをしました。

ヤリイカの炭火焼きバーバベキュー醤油の香り漂う

なんとも醤油の香りが辺りに漂い、食べたくて仕方ない気を抑えつつ焼き上げます。

そして、焼き上がる頃に西寄りの風に見舞われ、妻を呼びましたが合流を拒否されましたので、焼き上げた鯖へしこ&ヤリイカを室内に持ち込み泡飲料と共に食べました。

鯖へしこ炭火焼き散けてしまったが器に入れる

焼いている途中の鯖へしこの姿はすっかり消えてしまいましたが、味は紛れもなく鯖へしこです。たくあん一切れ程度の大きさで、ご飯茶碗一杯分の白米ごはんを食べられますので、暫くの間おかずに心配はいらない。

楽天広告

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました