二条大麦のわらを頂き家庭菜園の夏野菜へ

梅雨入り前の天候不順の合間を縫って、隣接地の畑で二条大麦を農家の方が収穫をしましたので、麦わらを家庭菜園に敷く為に頂戴しました。例年は、この時期晴れる日が続き刈り取りがスムーズに行えますが、今年は梅雨入りが各地で3週間ほど早いようで、当地ではまだ梅雨入り宣言は出ていませんが、天候不順何が続いていました。2日~3日ほど晴れの日が続かないと刈り取りには不適なため農家の方も気を揉んだことでしょう。

二条大麦刈り取り2021/05/25

二条大麦のわらをストック

二条大麦の穂が直角付近に垂れ収穫期を迎えました。

毎年、農家の方がコンバインで収穫時に半分ほど二条大麦のわらを短くカットしないで長いまま倒して貰い頂戴しています。今年は、短くカットされた麦わらを120Lの袋に詰めてストックしておいて家庭菜園に敷くことにしました。

夏野菜の収穫期が終わり、ミニ耕耘機で耕すときにローターに絡んでしまう事があるため短くカットされた麦わらが有利と思ったのです。しかし乍ら、落ち着くまでに強風で飛ぶリスクがある。

二条大麦のわらを120Lの袋に入れてストック

畑に3袋分は敷き詰めて、4袋分ストックしました。今年の夏の間に2袋を畑に敷き2袋は来年の家庭菜園の夏野菜始動時に使う予定です。

2021/05/25家庭菜園の夏野菜

2021/05/25家庭菜園の夏野菜状況

今年は、4月末に夏野菜の苗を定植して以来、晴れの日が続かなくて成長が危ぶまれましたが、順調に育っている状況です。

ナスとキュウリ、ミニトマトが花を咲かせましたので、梅雨入りで長雨にならなければそれなりの収穫が期待できますね。

後日、つるなしインゲンの種を苗用のポットで育てましたので畑に定植しようと思います。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました