久々のコントローパネル配線作業する|膝に違和感が残る

先日コントローパネルの加工配線を依頼企業の作業場にて行いました。図面は、先頃eメールにて送信済みでしたが、選択したパーツの納期が遅くなる旨を商社から連絡があり、別メーカーの代替品で揃えてやっと発注から2週間も経過して組み立てが出来る状態になりました。

コントローパネル加工配線

図面提出後、速やかにパーツを商社に発注しました。週末でしたので、メーカーや代理店に確認が取れなかったらしく週初めに主要パーツの納期が4ヶ月先になるとの連絡を商社の担当者から連絡が入りびっくりです。年末に使うのに全く話になりませんよね。仕方なく、依頼企業に連絡をして別メーカーの代替品を使う旨の確認を取り付け商社に代替品を発注してことなきを得ました。

ユーザー企業のポリシーによりますが、パーツのメーカーやブランドに指定がある場合があり受注側の勝手な選定は許されません。今回納入する企業は、日本を代表するメーカーですので今までと違うメーカ品を使うのを許すはずがないと思い一瞬製作をしなくて済むと甘い考えが過ぎりましたが、代替品で納期が間に合うことになりました。

関係者不在で部外者が作業

父親に朝食を食べさせてから依頼企業の作業場に行きましたが、事務所棟以外の倉庫や作業場は無施錠で人影なしだ、まぁいつものことだが、事務職員以外は出動してしまうため不在になることが多い。

誰もいなくても問題なく作業は進められるが、一つだけeメールで送付した図面のプリント依頼を忘れてしまったのです。

eメールはPCから送信していますが、スマフォと同期しているため「送信済み」からPDFの図面を開いて作業しました。自分で作成した図面だからいちいち確認しなくても作業を進められるはずだが、加齢には勝てないのです。どんなに小規模でも図面を確認しないと前に進みません。自然の成り行きで仕方ないですよね。

小規模だと思い甘く見て始めましたが、消耗パーツなどの付帯品が見つからない、専用棚に乱雑に見えるが自分なりにすぐに分かるように置いてあったが、全体的に作業場を整理整頓されていてオートメーパーツもついでに整頓したようで、見つけるのに苦労しました。小さな親切大きなお世話かな?

まなんとか予定より遅いが、いわゆる定時を大幅に遅れて終了となりました。仕事現役時代なら、電話が鳴り続き対応に追われて配線に集中できなくなり2日かかるところだから今回もヨシとしましょう。

そして、出張から帰った社員に、出来たから年末の取り付け頑張れと激励したが、あなたが付けると皆で言っているだと「聞いてないよ」現場には行きたく無いが、どうなることやら憂鬱になる。

あとがき

新型コロナから若干の景気回復が見え始めましたが、商社の担当者がボヤく受注しても納期が極端に遅くて顧客に申し訳ないと。通常在庫品が納期4ヶ月では売りたくても売れないとも。

組み立て配線作業は作業台の上で行いましたが、穴開け作業はコンクリート床に角材を敷き作業することになるので、屈伸運動の連続となり膝に負担がかかっていた。かつては足腰に違和感など全くなかったが、膝に違和感が出る。痛いほどでは無いが膝サポーターで安心を得ようと思う。

楽天広告

コメント

  1. お(^^♪応援いかれたんですね!
    これは年末も予定確定かな( *´艸`)
    頼りにされてるってことだと思います(^^♪

    • kanrekijiji より:

      暫く頼まれなくて安心していましたが、久々に応援に入りました。
      年末の寒い時期に県北の気温に晒されるのは辛すぎますよね。
      暫くの間確定ですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました