スポンサーリンク

Web

サードパーティ Cookie ブロック時のメリットデメリット

投稿日:

善し悪しは別にして、exampl.○.doubleclickなるtracking cookieと呼ばれるものを侵入させ、PC使用者の嗜好などのデータを見て勝手に広告表示をする、輩が存在する。従ってブロックすべく、Google Chromeの設定を変更しました。
すると、不具合が発生してしまい、結果は一部元に戻しました。

Google Chromeの設定を変更

PCが、時々動作が重いと感じることがあります、そんな時、対処法を調べると、「クッキーを削除する」という説明を目にしますね。削除しても何れまた、重たくなるのは時間の問題か、削除なしに、受け付けなければ良いと思いクッキーを無効にしました。

クッキー無効の手順

Google Chromeの右上の設定マークをクリックしてます。

Google Chromeの右上の設定マーク

詳細設定をクリックします。

サイトにGoogle Chrome詳細設定

プライバシーとセキュリティー

Google Chromeコンテンツ設定

サイトにGoogle Chromeの保存と読み取りを許可ずる。

サイトにGoogle Chromeデータの保存と看取りを許可する

上述のURLを入力してブロック並び、サードパーティーのcookieをブロックするに設定します。

サードパーティーブロック

次は、Google Chromeの設定を×マークをクリックして終了です。

これで、ブラウザがもたつかずに早く動けるように成ると信じて、その日はpcをシャットダウンして終了しました。

翌日、何時ものようにPCを立ち上げて、ブログ更新並びに、ネットサーフィンして、はてなブックマークをしようとして、何時もと違う、ログインは、メールアドレス又は、Googleアカウントでの認証をして、ログインしました。次のはてなブックマークをしようとすると、再度ログイン画面で認証を求める、その時は誤動作としか思わず、再度ログインしました。そした暫くしてまたはてなブックマークをしようとしたらまた再々度のログイン認証を求める。

さぁて、昨日何をしたか、よく考えると一つしかありません。サードパーティーcookieをブロックに設定の不具合であろうと考え、サードパーティーcookieをブロックに設定を元に戻して、再度ログインしてからは、再々ログインは求められなくなりました。

あとがき

折角ブロック出来ても、自分をブロックしたのでは、何の得にも成りませんね。

今回の不具合は、はてなブックマーク以外(検証が短いのでデータが少ない)は、見つかりませんでした。

 

スポンサーリンク

-Web
-

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.