スポンサーリンク

介護

ディーサービスの請求と支払い|夏日でも裏起毛のももひきを脱ない

投稿日:

夏日になると通常の人は、暑さを感じ薄着になりなり冷房にて身体を冷やすと思いますが、父親は全く言う事を聞かず、未だに裏起毛のももひきを着用しています。

夏日にももひき

ディーサービスセンターから帰宅後、若干は暑さを感じたのでしょうか、画像のスタイルになりました。

上の下着は、半袖と長袖の2枚重ね着をして、下は紙おむつと裏起毛のももひきを着用しています。

夏日でも、涼が欲しくならないんですね。脱ぐように諭しても全く言う事を聞き入れません。

しかし、暑さを全く感じていない分けではなさそうです。流石にズボンとベストやポロシャツは脱ぎました。

日当たりの良い部屋で夏日に寛ぐ

日当たりの良い部屋で、このスタイルです。信じがたい光景ですね。
網戸にはしていますが、直射日光は効きますよね。

朝、ディーサービスセンターの迎車が来る前に、室温が約18度でしたが、しっかりとコタツのスイッチをオンにして入っていました。

全く、アドバイスを聞こうとしないため、諦めムードが漂ってきました。
真夏になり熱中症になるリスク満載ですね。

そして、「明日医者様(掛かり付け医院)へ行って薬もらいだかんね」と言うと「おらいんねぇ(おれは要らない)」と返す。

薬を飲まなかったら、2から3ヶ月で、今生の別れになりますね。

そうは出来ませんから強制的に連れて行きますが、困り者とはこの人のことですね。

ディーサービスセンターから4月分の請求

前月同様に、連絡用の書類ケースに連絡帳が入っていて、その日の様子を記載して頂いております。

その中に、封筒に入った請求書が入っていて、その封筒に請求額を釣り銭の無いように、現金を入れます。

月曜日と金曜日の週2回の利用ですと4月は9日間の利用になりますが、風邪気味で行ってしまい熱が少々上がっていたので、迎えを要請され滞在時間約1時間で早退した日が1日あり、その分はカウントされていませんでした。
しかも、食べてはいませんが食事代もカウントされていませんでした。

管轄役所の指導かディーサービスセンター自体が良心的なのか定かではありませんが、利用者にとって良いことですね。

4月分ディーサービスセンター利用料請求内訳

項目単価と単価利用回数単位数と金額
通所介護57284576
通所介護入浴介助加算508400
通所介護中重度者ケア体制加算458360
通所介護サービス提供体制加算188144
通所介護処遇改善加算323
単位の合計5803
介護保険給付額(1単位あたり10.14円)5803×10.14=58842円
自己負担額1割5885円
食事代(非課税)60084800円
合計請求金額(自己負担額+食事代)10685円

来月は、2泊3日のショートステイの利用予約が入っていますので、負担額は増えますが、家族の負担は若干減ります。

関連記事

失語症と感覚異常進行中|介護中の父

 

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-介護
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.