スポンサーリンク

日記

ヒーターベスト|アルバイトの後日談2017

投稿日:

先日、緊急アルバイトの記事の中での話で、アルバイトを依頼した企業から別件で電話があり、その中での話として、寒くて寒くてどうにもならなかったと言う事を、話しました。そして、寒い時には現場のアルバイトにはに行けないと言いました。

緊急アルバイト依頼の後日

後日、材料を仕入れている商社の年末キャンペーンと言う触れ込みで、営業社員が売り込みに来たとのことで、なにやらそのセット販売の中に、電気ヒータージャケットがあったそうで、それを貴方(筆者、僕の事です)のために、この後、寒い中きてくれなくなったら困るので、注文したとのことでした。それと、別途で、ホームセンターで防寒着を買ってきたとのことでした。

ヒーターベスト開封前

ヒーターベスト

ヒーターベスト着用

リチュームイオンバッテリーで内蔵ヒータを温め、防寒します。

最初の5分間はスイッチを押すと、強で温め、その後(約5分後)自動で中に切り替わります。手動で強・中・弱と切り替えも可能です。

バッテリーの使用時間の目安は、強で3時間、中で4.5時間、弱で7時間ぐらいだそうです。充電時間は、90分程度と割と満充電までが早いですね。

使用した感じは、強の状態で首回りが熱すぎて、長く使用すると頭が痛くなるくらい熱く感じます。今の季節の屋外でも、温まってからは、弱で十分だと思います。

内蔵ヒーターの配置は、首回りと両肩、背中の上の方ぐらいで腰や腹などは入っていないようです。

まるでホームレススタイル

前回、アルバイトに現場に行った際、防寒着を前職時代に貸与された防寒着を着用していったんですが、袖口がほつれてボロボロの状態でした。

電装関連の仕事内容だった、前職時代は、化学繊維の静電気の起きやすい服装はNGだったんです。

防爆エリア内での作業も時折あるわけで、そん中で、静電気でスパークしたら、命が無くなる所の軽い話では澄まない事態になってしまします。
(メディアに大きく報道される事態になります。)

前置きが長くなりましたが、綿製品の防寒着は袖口がほつれやすいんですね。そんなボロボロの防寒着を着て行ったのを見ていて、見た目は、まだら模様のゴマ髭で、袖口ボロボロの防寒着を着ている姿は、ホームレスと間違われそうな雰囲気に見えたそうです。

しかし、いいじゃないですか、見た目で判断するのは間違いだと分かったんじゃないのと、言い返しました。

どこかの賄賂天国の国の役人と同じかな、でも可愛いもんですこの程度で喜んで居るうちはね。

関連記事

緊急アルバイトの依頼を受ける|定年退職後

アルバイトのオファー|定年退職後

定年退職後のアルバイト|失業給付金受給中の法令遵守

スポンサーリンク

feedly

follow

-日記
-,

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.