スポンサーリンク

病院

潰瘍性大腸炎と思っていた症状 緩和から寛解へ

投稿日:

水曜日の再診時に、大腸の除菌剤の服用を始めた妻ですが、2日間後、下血が止まりました。

症状緩和から寛解へ

やはり、消化器内科の医師が言う通り、潰瘍性大腸炎の可能性が低いようです。

潰瘍性大腸炎の場合、大腸の除菌剤を服用して、2から3日で症状が緩和されることは、無いとのことでした。

よって、妻の場合は、急性の大腸炎でしょうか?。

冷静になり日曜日の昼食のメニューを思い出しました。

妻の食べたものは、鶏むね肉燻製とわさびなとミニトマトのサラダ、ふわ卵オムレツ、ほうれん草とシメジの油炒め、ショートケーキ2個、赤ワイン数杯、と普段より大量に食べました。

今回の鶏むね肉の燻製は、素材の大きさにばらつきがあり、仕上がりにばらつきが生じていました。
そのせいで大きいものは、若干レアの出来だったので、細菌が残っていたかもしれません。
それを、一人で1枚食べたのです。

夕食は、食べて居ません。

食中毒だったのかもしれませんね。

金曜日の夕方までに、完全に下血が止まり、腹痛も時々でる程度で、下痢の症状も収ました。

月曜日から木曜日まで、病院の点滴と自宅でのヨーグルトのみでしたので、金曜日から豆腐と豆乳の味噌汁とヨーグルトを併用するようにまで回復しました。

非常勤の消化器内科の医師が言うには、除菌の処方薬が無くなるまで飲んで、症状が悪化した場合は、赤十字病院へ直接行く、症状が無くなった場合でも、当病院には来る必用なしですと。

なんと無責任なご意見でしょうか、心ある医師でしたら、「次回の勤務日に合わせて、診察します」が本筋ですね。

まぁ、間違った診療をしたわけでは無いので、結果は良かったと言う事になります。

もし症状再発の場合は、別な医療機関にて受診します。

 

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-病院
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.