CSS コードと JavaScript コードを連結Autoptimize初心者向

引き続き、懲りずにPage Speed ToolsのスコアをUPするために努力を重ねているところです。プラグインでスコアUP奮闘中です。

再三申し上げておりますが、高度な技術がないのに上級者の真似をすると、先日述べたように真っ白な画面になります。幸いにして即時復旧できましたが、初心者は控えるべきですね。

今回は、CSS コードと JavaScript コードを連結してくれるプラグインAutoptimizeを導入して実験しました。

Autoptimize

プラグインの新規追加にAutoptimizeと入力して頂いて、インストールして有効化します。

見つからない場合は、下記のリンクからダウンロードできます。

https://ja.wordpress.org/plugins/speed-booster-pack/

autoptimize in

Autoptimize Settings

Autoptimizeのセッテイングは、下記の画像の様にしました。

autoptimaize set main1

autoptimaize set main2

autoptimaize set main3

HTML オプション
HTML コードを最適化
HTML コメントを残す
JavaScript オプション
JavaScript コードの最適化
<head> 内へ JavaScript を強制
インラインの JS を連結
CSS オプション
CSS コードを最適化
データを生成 : 画像を URI 化
Google フォントの削除
インラインの CSS を連結
CSS のインライン化と遅延
すべての CSS をインライン化
キャッシュ情報
キャッシュフォルダ/home/users/0/※※※※/web/tabikaz.com/wp-content/cache/autoptimize/
書き込み権限はい
キャッシュされたスタイルとスクリプト0ファイル、合計 0KB (計算時刻 : 08:35 UTC)
連結されたスクリプト / CSS を静的ファイルとして保存

以上の設定をしました。

pagespeed insights

PCでのレポートは、SpeedBoosterpack導入は、スコアが75点でしたが、79点に上昇しました。

先日の画像では、レッドカードからイエローカードになりましたが、

画像を最適化する とのレポートは消えませんでした。

キャッシュ前後2017-02-25

今回は、修正を考慮は残りましたが、画像を最適化する とのレポートは消えました。

pagespeed tools insighits2017-02-27-17

先日までは3個のルールに合格でしたが、5個のルールに合格となりました。

あとがき

先日の、プラグインSpeedBoosterpackを無効にして、試験しましたが良い結果が出ませんでした、この数値は併用での結果です。Autoptimize相性は悪くないようです。

これはstinger7での検証です、micata2でも同じプラグインで同じ設定で試しましたが、本来であれば、カスタマイズの多いstinger7の方が数値は劣るはずでしたが、結果はstinger7の方が若干上でした。

ついでに、micata2を一旦停止してテーマをtwenty sixteen にして実験しました、すると良い数値がでました、stinger7とほぼ同じでした。

このことから、テーマにより変わることが解りました。twenty sixteenはシンプルな構造と言うことでしょうかね。

サブドメインの性かもしれませんが、いずれにしても遅いことは確かです。
シンプルイズベストですよね。

昨日は、サーバーエラーになり閲覧者の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。心からお詫び申し上げます。

連日プラグインによるサイトページ速度の挑戦をしていましたが、同様なプラグインの併用は、誤動作の元凶を思われます。ご注意願います。

楽天広告

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました