スポンサーリンク

Web

YouTube広告掲載開始|新ルール達成までの道のり

投稿日:

YouTube広告掲載新ルールに移行された2018年1月中旬でしたね。それ以来、広告掲載新ルールを目標に新規アップロードをしてまいりました。そして、2018年10月末日にYouTube管理画面にメッセージが入り、広告受け取り審査中から広告受け取り有効とかわりました。

広告掲載新ルール達成への道のり

以前の記事でも述べさせて頂きましたが、新ルールは、
「チャンネル登録者1000人以上、過去12ヶ月間の合計視聴時間4000時間以上」

チャンネル登録者1000人以上

チャンネル登録者1000人以上についての詳細は、下の記事で述べさせて頂きました。

ユーチューブのチャンネル登録者1000人獲得|2ヶ月間の成果

過去12ヶ月間の合計視聴時間4000時間以上

今回の記事では、4000時間以上について述べさせた頂きます。

過去12ヶ月間の合計と言う事ですので、1年間の積算時間で良いのですが、1年を過ぎると、一年前のその日よりも多い視聴時間をカウントしないと増えて行きません。

それを踏まえて、概ね10ヶ月程度で、4000時間以上を達成した方が良いと思います。

視聴数の目安

動画の長さも関係しますが、5分前後の動画が一般的だと思います。
全部ご視聴頂ければ、良いですが冒頭で次に移動してしまうなど、現実は厳しいですね。

自分のチャンネルも初期段階では2分程度で、最近は平均すると2分半程度です。

仮に2分とすると、60分÷2分=30回 1時間視聴するには30回必要で、4000時間を10ヶ月約300日で割ると、約13.33時間必要です。

13.33時間×30回=約400回 一日平均400以上の視聴数が目安になります。

コミュニティーを積極的に

良いコンテンツを、配信できれば、一日で数百から千くらいは視聴頂けると思いますが、どんなに自分で良いと思っても、中々その通りには行きませんね。

上記の記事の中でも述べさせて頂きましたが、コミュニティーを積極的に利用することです。
要するにチャンネル登録者にコメントして、お返しの訪問をして頂いて視聴時間を増やすことで、上記の計算通りに達成が可能です。

1月後半から積極的に開始して以来、達成したのは、9月の上旬ですので、約7ヶ月で達成しました。

前半は、とても勢いがあり、数十時間と言うときもありましたが、後半はかなり楽に達成出来そうだと踏んで、積極性が衰え、かなり低い数字になりました。

熱いうちに出来るだけ進めた方が良いようです。

新ルール達成 50日経過後審査通過

新ルールを達成すると、クリエーターツールの左サイドメニューのチャンネルのステータスと機能の収益受け取りが審査中となりました。

その画面には審査期間1ヶ月と記載がありますが、同じようなクリエーターが沢山おられると思います。
今は、審査が混み合っているのですね。

結局、審査中となってから審査通過したのは50日経過後でした。

あとがき

新ルール「チャンネル登録者1000人以上、過去12ヶ月間の合計視聴時間4000時間以上」は、審査通過して広告掲載されれば、チャンネル登録者1000人を下回っても、過去12ヶ月間の合計視聴時間4000時間以下になっても、広告掲載の権利は剥奪にななりません。

但し、半年以内に、新規コンテンツをアップロードまたは、コミュニティーに参加(コメントをする)の条件があり、広告掲載の権利は剥奪される場合があるそうです。

YouTube関連動画

下記のリンクは、新ルールを達成したチャンネルホームと動画です。

宜しければご覧ください。

Hiace tabi kaz

 

スポンサーリンク

feedly

follow

-Web
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.