スポンサーリンク

大地の恵み

山法師の実|色づく2018

投稿日:

秋空気と入れ替わり、稲穂も黄金色に輝き、新米の収穫、味覚の秋になりましたね。春に紹介しました、堂ヶ入沢公園の山法師の白い花が、実を結び、緑から黄色にそして赤く熟しました。

山法師の実

昨年もですが、山法師の木は紅葉落葉樹です。今までの記憶ですと、紅葉の時期に完熟すると思っていましたが、今年も葉っぱが緑の状態で、実が完熟しました。認識を変えた方が良いか、それとも異常気象のせいなのか?。

山法師(ヤマボウシ)は、学名 Cornus kousaで、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉樹です。

バナナを柔らかくした感じで、味も似ています。皮をつまんで、種ごと口に入れて、種の周りの果肉を口の中で転がして吸います。当然種は吐き出します。米粒大の丸くて薄茶色い(アイボリー?)種は6個から8個ほど入っています。

関連記事

堂ヶ入沢公園の山法師(やまぼうし)満開

堂ヶ入沢公園にて、今年の春先に撮影しました。

堂ヶ入沢公園の山法師(やまぼうし)満開

山法師の実収穫2017

昨年は、10月に入ってから、収穫しに行きましたが、1ヶ月程、早まりました。

山法師の実収穫2017

 

 

関連動画

YouTubeにアップロードしましたので、合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

feedly

follow

-大地の恵み
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.