スポンサーリンク

Web

何を書けばでは無く何を書きたいか

投稿日:2017年5月14日 更新日:

アクセスを延ばすための秘策などの情報が、溢れておりますが、僕には良く理解できませんね。

アクセスアップ秘策情報氾濫

しかし、そんなに簡単にアクセスが集まれば苦労はしませんよね。そんなに集められるなら自分で実行すれば、独り占めですからね。

よく電話勧誘で詐欺紛いな勧誘がありますが、そんなに儲かるなら他人に教えないで自分で儲けるに決まっているではないでしょうか。

手の内を明かしたら最後、受け売りの情報は、先が見えていますよ。

何を書けば良いかではなく、なにを書きたいか

しかし、真の情報は、実体験に基づいた核心に迫る内容でしたら説得力があり、多くのユーザーに指示されるのではないでしょうか、僕はそう思うのであります。

何を書けば良いのかではなく、何を書きたいかです。

ユーザーの欲しがる情報を提供

真にユーザーがほしがる情報を提供するこれが一番だと思います。

立場を変えれば、一目瞭然です、知りたい情報が知りたいように現れたらこんなに良いことは無いでしょう。

長い間支持される情報を提供できることにつきますよね。

メインブログのハイエース関連記事

メインブログの記事では、早くて1ヶ月、長いと3ヶ月掛けてジュワジュワと延びて来ます。

メインブログの投稿記数は1000記事越ですが、ハイエース関連の記事が、100記事を超えたぐらいで、オーガニック流入によるアクセスで、このハイエース関連の記事で締めています。

ハイエースのキーワードは、ヒットしやすいと思いますが、文字数が少な過ぎて、知りたい情報が得られる内容でないのは、論外として、ある程度の字数が有っても、埋もれがちな記事は出て来てしまいます、キーワードだけ詰め込んでも、支持されない記事は埋もれます。

世代別に見ると、35歳から44歳の若い世代に支持を受けているので、この様な結果が出ているのかと思われます。(ある程度所得があり金銭的に余裕のある世代?)

オーガニック検索流入

しかし、いきなりオーガニック検索流入を、期待しても中々周知されませんので、リファラやソーシャルなどで、ある程度の周知をして頂、時間と共に周知されて、オーガニック検索流入と言う流れになるのが理想的が形かと思われます。

ぶれないで一貫性を持つ

一貫して、決めたポリシーを貫き、迷ってもぶれずに長く続ける事が肝心です。

記事を特化することがアクセスを上げられる近道かと思います。

まとめ

ユーザーの立場に立った情報の提供が基本

ヒットしやすいキーワード選び

ぶれないで一貫性を保つ

特化した記事を配信する

スポンサーリンク

-Web
-

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.