スポンサーリンク

独り言

雨の終戦記念日2017

投稿日:

雨の日の終戦記念日になりました。犠牲になられた方に心から哀悼の意を捧げます。

雨に濡れ涙を流すが如しひまわり

ポツダム宣言受諾

1945年(昭和20年)8月14日、御前会議において、天皇陛下の聖断によりポツダム宣言を受諾し、連合軍に受諾の通知をしました。
翌日、8月15日正午から「たえがたきをたえ、しのびがたきをしのび・・・」の玉音放送が流れ、一般国民が、戦争終結を知るところとなりました。

日本の終戦記念日と世界の終戦記念日の違い

日本人は、1945年8月15日を終戦記念日を思っている方が圧倒的に多いと思います。

世界的には、どうでしょうか。
ロシア(当時ソ連)では、対日戦勝利は9月とし、アメリカでも9月となっています。
中国が軍事パレードを行うのは、9月3日です、中国はこの日を「日本の侵略に対する中国人民の抗戦勝利日」としています。

日本の降伏調印式は、1945年9月2日に、東京湾上にうかぶ米戦艦ミズーリ号で行われ、その状況はラジオの実況中継で全世界に流されました。
トルーマン大統領は、ラジオの実況中継後、全国民向けのラジオ放送で演説しています。
その中で9月2日を正式に「victorydayとして、第二次世界大戦を勝利で終えたことを宣言したています。
アメリカの第二次世界大戦の終了は、1945年9月2日ということになります。

毎年の8月15日頃は

1945年の8月15日は、暑い日だったようです、当時の映像を見ると、落胆する大人達、安堵する小さな子供達と様々な思いが伝わります。

さて最近は、異常気象なんでしょうか、当地は昨日から雨模様で、まるで梅雨に逆戻りしたかのような、肌寒い日になりました。

雨に濡れたひまわりが、涙を流しているかのようにも見え、頭を垂れ、黙祷をしているかの如しです。

スポンサーリンク

-独り言

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.