スポンサーリンク

介護

W介護|主夫に重くのし掛かる

投稿日:

新元号「令和」発表され新たな時代の幕開けで、明るい光が差すと期待されますね。

しかし、我が家の現状は、父親の介護で生活のリズムが少々変わって来ています。

そこへ来て、昨日の未明から妻の具合が悪くなりました。

介護者、新たに追加

未明に、トイレに行きとても苦しみだし、廊下でうめき声が聞こえる状態。

便秘で苦しんでいると思って僕は行かなかった。しかし、うめき声が段々大ききくなる。

トイレ前の廊下に倒れ、全身から汗が噴き出し、吐き気と腹痛に襲われました。

「お腹が痛~い」とうめくような声で訴える妻、救急搬送をと考えましたが、本人が固辞するため、少しの間様子を見ることにしました。

ベットまで運ぼうとしましたが、生憎筋力の弱った老年男では、お姫様抱っこなど出来るはずがありません。

長座布団を二枚持ってきて、取り敢えず乗せて抱きかかえるように座らせて様子を見る。

排便したいと言うので、便器に座らせると、下痢を噴射する。

これは、単なる食べ過ぎの腹痛かと思う。

次は、寒いと言う。脂汗噴出で冷えて急に寒くなったのだろう。

羽毛布団を、かけて温める。

更に、15五分後また排便、かなりの当たり具合か?。

ベットまで運ぼうとするが、拒否される。

仕方なく、長座布団と羽毛布団で暖をとる。

それから、少々落ち着いた様子に安堵したが、またトイレ、この回から真っ赤なドロとした血液がでる。

これって、下血ですね。

この症状は、潰瘍性大腸炎と思われます。

それから、15分から20分間隔で下血する。

とうとう、あたりは明るくなり朝になりました。

そして、父親に朝食を食べさせてからディーサービスセンターの迎えの車を待って送り出し、彼女の掛かり付けの病院へ連れて行きました。
彼女は、町医者の開業医院ではなく、中規模ですが病院が好きなんですね。

9時半ごろ病院に到着して、受付しましたが、受付中に妻を待合室の椅子に座らせていると、腹痛のせいで腰をかがめる仕草に気づいた看護師さんが、症状を尋ねた後、重症だあることを察したのでしょう、順番待ちの列を無視して、即座に診察室に入れて貰えました。

その時の医師は、内科医ではあるが、専門外と言い、問診のあと、点滴をして血液検査と尿・便の検査をしましょうと言う。

点滴は、2パック使用したため、時間が相当掛かり、待っている間はとても眠気が襲う。

昨日は、孫が来て、冬タイヤから夏タイヤに交換した後、昼間からワインを頂き、午後2時から5時頃まで昼寝をしたため、妻が苦しむまで、起きていました。
よって、前日から寝ていません。

点滴が終わり、尿は採取できましたが、何も食べていないので便は採取不能です。

最後に、医師から説明がありました。潰瘍性大腸炎のようですが、専門医が明後日来るので、その時に再診してくださいとのことでした。

医師は、入院を勧めました。僕も入院したほうが良いと言いましたが、本人は固辞する。

症状緩和の処方薬を投薬して頂き、薬局で受け取り帰宅となりました。

救急車で搬送した方が、苦しみから早く解放されたとは思いますが、判断はどうだったのでしょうかね。

この後、二重介護と家事一切に身体が耐えるでしょうか、まぁ妻は父親と違い回復すれば、介護は必要なくなりますからね。

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-介護
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.