スポンサーリンク

調理

梅の実の土用干し|自宅バーベキュー

投稿日:

7月27日土曜日は、土用の丑の日、「ウナギを食べる日」と言われるようになりましたね。ウナギだけでは無く、土用は塩漬けした梅の実を、晴天の暑い日に天日干しをして梅干しにします。(梅雨明け宣言はまだ出ていませんが)そして、台風の影響で蒸し暑い日でしたが、屋外で炭焼きバーベキューをしました。

土用干し

今年は、土曜日に土用の丑になりましたね。

7月初旬に道の駅サシバの里いちかいで梅の実を購入し、一晩自然乾燥後、漬け物桶に入れ、180gの粗塩で綴じ蓋をし、重りを乗せて1週間ほど熟成させ、自家製の赤じそを塩揉みし、漬け物桶に投入して、約3週間が過ぎました。

道の駅サシバの里いちかいで梅の実と発酵牛糞

天日干しは、土用の丑には拘りませんが、真夏の炎天下で干すのが理想です。梅雨寒の日が続き、干す条件が揃いませんでした。

1日目

下の画像は、漬け物桶の中の梅の実です。赤じその赤いエキスが出て真っ赤な梅酢が出来ています。見た目にはカビが発生していないようで、一応ここまでは成功ですね。

漬け物桶の中の梅の実

土用の丑の前日から天日干しを開始しました。漬け物桶の中の梅の実を取り出し梅酢を振り落としながら、新聞紙を下に敷いたざるに並べて天日干ししました。

梅の実の土用干し1日目

上の画像の、左側の7個は、近所で貰った実で、赤じそなしで別に漬けていた梅の実です。

2日目

土用の丑の当日の天日干し2日目は、大分小さく縮まりました。そして、乾いて色が白っぽくなりました。

梅の実の土用干し2日目

あと1日または2日くらいは、天日干ししたいですね。

若い青梅でしたので、硬くて梅干しらしい柔らかい食感には成りませんでした。
要するに、梅干し用に販売したのではなかったようです。

ファミリーバーベキュー

台風接近中の風が吹く、晴天の蒸し暑い日に、我が家の常設バーベキュー場で炭焼きバーベキューをしました。

土用の丑の日のウナギは高価で一般庶民には手が出せなくなりましたので、せめて豚ホルモンを炭焼きしてスタミナを付けようと試みました。

蒸し暑い風が強く吹いていましたので、炭火の熱を身体に受けることが少なく、我慢比べのような状態にはなりませんでした。

ブラックベリーの健康酒で喉を潤しながら、味付け豚ホルモンを炭火で網焼きします。

豚ホルモンを炭火

味付け豚ホルモン2kg・豚レバー1kg・鶏ささみ2枚(愛犬用)を5人と1匹で食べました。

焼き始めて間もない頃は、皆食べたくて焼けると直ぐ箸が出るため、焼き係の僕は一口も食べられずに、ブラックベリー健康酒だけがすすみます。中盤に差し掛かり、焼ける速度も上がりだすと、皆の箸の出る頻度が下がり出しやっと僕も肉にありつけます。

肉だけでは飽きが来ます。畑からナスとオクラを収穫して網焼きしました。

ナスの網焼き

ナスは焼きすぎて、水分が飛んでしまいボソボソ感が出て失敗焼きでした。

オクラの網焼き

オクラは焼くことで「ふっくらしっとりねばねば」で網焼きに適していますね。

 

 

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-調理
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.