スポンサーリンク

大地の恵み

唐芋(とういも)チップス|手作り調理

投稿日:

通常流通している、里芋と八つ頭芋の中間的な感覚と言う唐芋が、農産物直売所にて販売されていました。

唐芋(とういも)

農産物直売所の販売員のお母さんが仰るには、普通の里芋のより滑りが少なく、八つ頭のように滑りが全く無い訳ではなく、やや型崩れするも、中間の感じだと。

唐芋

泥付きは芋洗い棒で洗浄

泥付きでしたので、芋洗い棒で、ゴシゴシして泥を洗い落としました。

皮むきは、普通の里芋よりは、滑りがない分剥きやすかったです。

堅さは、ほぼ同じでしたが、鮮度や完熟度で変わると思いますが、どちらかと言えば唐芋の方が柔らかいです。

加熱調理

3mm程度の薄切りにして、フライパンに油をひき、熱めに加熱して、塩少々と片栗粉をまぶして、一枚づつ重ならないようにして、揚げました。

唐芋チップス調理中

コンガリでカリッとした唐芋チップスが出来ました。

そのまま食べるも良いと思いましたが、自家栽培のニラと長ネギをみじん切りにして、炒めて中華出汁を入れ、片栗粉であんを作りました。

ネギとニラのあん

あん、だけをご飯にかけて食べても良いくらいの出来栄えです。

調理完了

唐芋チップスと唐芋チップスのあんかけ

唐芋チップスと唐芋チップスのあんかけの2種類、出来上がりました。

評価

あんかけの方が僕としては、高評価出来ましたが、家族の、評価は、唐芋チップスの方が美味しいと言う。

唐芋チップストイプードルまぁこ喜ぶ

愛犬トイプードルまぁこもチップスを喜んで食べてくれました。

人も犬も、好みはそれぞれですからね。

あとがき

翌日、残りの唐芋チップスを食べましたが、カリッとした食感は、持続していました。

たくさん作り、ストックしておいて、おやつにお摘まみに、最適かと思います。

因みに、農産物直売所の販売員のお母さんに教えた頂いたのですが、手が痒くならないように、予め手のひらに塩をすり込んでから、皮を剥くと痒さが緩和されるとのことでした。

 

 

 

スポンサーリンク

feedly

follow

-大地の恵み
-,

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.