スポンサーリンク

庭木

枝垂れエゴノキ開花|2018年10月狂い咲き

投稿日:

異常気象のせいか、我が家の異常を察知してか、庭の枝垂れエゴノキの花が開花しました。

枝垂れエゴノキ

妻の実家から移植した枝垂れエゴノキは、当然エゴノキの変種ですので、エゴノキと同様に、春に咲く花です。

春に咲く花

しかし、今年は、狂い咲きでしょうか、花が咲き始めました。

枝垂れエゴノキ開花2018-10

密集して開花していませんが、春の花と全く変わりません。

枝垂れ桜と同様

通常のエゴノキは、広葉樹で上に上に向かって枝を伸ばしますが、枝垂れエゴノキは、しだれ桜などと同じく先端が下へ枝垂れます。

枝垂れエゴノキの枝

エゴノキの変種

エゴノキは、Styrax japonica エゴノキ科の落葉小高木で、日本全国の雑木林繁殖します。
果実が苦みがあり、いわゆるエグミがあるためエグイから由来します。

魚に毒性

魚には毒性があると言われ、潰して川に巻いて魚を捕った話は聞きますが、当地では見たことがありません。
口に含んでかみ砕くとエグミがありますから、人には毒性が無いと言われますが多少の影響は有ると思われます。

あとがき

移植当初は、地面に着くくらい枝が垂れ下がっていましたが、父親に毎年短くカットされていたせいで、枝垂れエゴノキ本来の姿は失われています。

移植して、22年が経過しますが、毎年実を落下させ、新なた命が実生します。

それを育てたことがありますが、枝垂れエゴになるのは100本に1本の確率しか有りません。

やはり変種の子孫は必ずしも変種を産まないんですね。

枝垂れエゴの子孫だけ近所のほしがる方に譲り、その他の苗は全数廃棄しました。

スポンサーリンク

feedly

follow

-庭木
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.