スポンサーリンク

介護

自己導尿カテーテル受け取り受診とW介護と家事

投稿日:

妻の潰瘍性大腸炎と思われる症状も、内服薬が効き始めて大分緩和されました。

妻の介助に28時間起きていたせいで、昨日の朝まで10.5時間連続で睡眠を取りました。

若い頃でしたら、当たり前のように長時間の睡眠を取りましたが、最近では6時間で必ず起きてしまう、久々に長時間連続で睡眠しました。

泌尿器科医院受診

一昨日は、妻の病院の付き添いでしたが、昨日は父親の自己導尿のための器具の受け取りと内服薬の処方をして頂に、泌尿器科医院を受診しました。

いつもでしたら、朝は7時頃起きて朝食の用意をして父親に食べさせていますが、目覚めたのが7時半を過ぎました。

そこへ来て、燃えるゴミの収集日だったので、朝食の用意をして父親が食べて居る間に、ゴミ出しをしました。

隣町に医院はありますが、車で10分程度で、診察開始時間午前9時ですので、8時40分ごろ出発の予定を立ていました。

逆算すると、8時半頃までに全て済んでスタンバイ状態になりたかった。しかし父の朝食が済み、内服薬を飲み終えたのが、8時20分、自分の朝食の時間がありません。仕方なく帰宅後、朝食を摂ることにしました。

なぜそんなに、急いでいるかと申しますと、甲子園の準決勝の2試合が11時からあるんです。

遅くても、11時には帰宅したかったのです。

8時45分頃、医院に到着したところ、2番目の受付となり、尿検査ならび血液検査をし、問診後、受付にて自己導尿のための器具(カテーテル)を受け取り、薬局で処方薬を受け取りました。

その時点で9時半、帰り道にあるスーパーマーケットに寄り妻の食事用のヨーグルトを購入して帰宅しました。

帰宅後

帰宅後、遅い朝食を頂き、食器の洗浄、床掃除、洗濯と次々にこなし、ゆっくりとコーヒーブレイクにはなりませんね。

妻のありがたさを、痛感する瞬間でした。

洗濯は、洗濯機が行うのは極当たり前ですが、干すのはセルフですので、甲子園を見ながら干していると、肝心な場面が見られない時がありますね。

正午少し前に、父親の昼食の用意をして、食べさせてから、妻を起こしてヨーグルトを食べさせ、内服薬の飲ませる。

合間に甲子園のテレビ観戦、ゆっくりとじっくりと、見たかったですね。

しかし、第二試合は、ほぼ見入りました。

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-介護
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.