Web

リフレッシュで削除されたATOK16とOfficeとCADを復活させる|win8.1

投稿日:2020年4月27日 更新日:

Windows8.1を使用していますが、軽い不具合が起き安易にリフレッシュしてしまい、OfficeやCADソフト、それから頼りにしているATOK16まで、後からインストールしたアプリケーション(プログラム)が削除されてしまいました。

修復を試みるもリフレッシュ以前の修復ポイントが無い。その他のアプリケーション(プログラム)を復活できる技術力を持ち合わせていません。

どれ一つとっても欠かせないアプリケーション(プログラム)ですが、日本語変換ソフトのATOK16が削除されたのは、ブログなどの文字を入力する上で大変な損失です。

OfficeやCADソフトについては、別なPC利用できますが、日本語変換ソフトのATOK16はメインで使用しているPCとサブPCにしかインストールされていません。
サブPCは、8年も経過しているクラシカルですので今更メインとしては使えません。

現在のATOKは

ATOK17をネット通販で購入しようかと思い価格を調べるとなんとベーシック版(CD)で20000円から30000円オーバーまで高額になっている。確か発売当初は8000円程度だったと思います。

プレミアム価格になっているようです。背景にあるのは、新しいバージョンは買い切りでは無く、月払いまたは年払いになったようで、月々数百円でも数年後には買い切り価格をかなりオーバーすると思います。

よって、販売終了したATOK17の在庫品価格が高騰したようだ。また、オークションサイトなどで出品するため買いあさりをして利ざや稼ぎが横行している。

ATOKを復活させる方法

そこで、ATOKを復活する方法は、以下の通りです。

1.高価になったATOK17を投げなしの金で買う。

2.JUSTSYSTEMSのウェブ版をダウンロードして月々支払うプランにする。

3.オークションサイトやフリマサイトで中古品のATOK16を買う。

4.退職した会社からATOK16のCDを借りてきて復活する。

5.ATOK17をプリインストールしてあるPCを購入する。
富士通では一部の機種でATOKがプリインストールされているPCが現在販売中です。
但し、在庫品のみで新規カスタマイズバージョンでは不可のようです。

現在使用中のDell vostro i5 は退職するときに譲り受けたものですので、消えてしまったATOK16をインストールしたときに使ったCDが保管されているはずです。
そのATOK16のCDを使用してインストールすれば復活できるはずです。
同じPCに使うのであれば、不正行為にはならないでしょう。

ということで4.を選択した方が一番安上がりですね。
但し、ATOK16のCDが保管されている場合に限ります。

退職した会社から拝借

退職してから2年半も音定なしで、いきなり「ATOK16のDVD貸してください」は、少し気が引けるが、無駄な出費を抑えるため恥を忍んでおな願いしました。

頼んだ翌日の朝連絡があり、用意したので取りに来れば渡すと言われ、感激して受け取りに行きました。

用意して頂いたDVDは、JUSTSYSTEMS一太郎+ATOK16と一太郎+ATOK08、Office2007、CADソフト感謝感激です。

JUSTSYSTEMS一太郎+ATOK16のバンドル版、CADソフト

JUSTSYSTEMS一太郎+ATOK16、CADソフト、Office2007をインストール

CADソフトをインストール

早速帰宅後まずは、CADソフトをインストールしました。CADソフトを起動して確認すると問題なく使用できました。

JUSTSYSTEMS一太郎+ATOK08+一太郎+ATOK16インストール

折角、一太郎+ATOK08を持たせてくれたので、試しに一太郎2008をインストールしてみると、問題なくインストールし起動でましたが、アプリケーション(プログラム)によっては、使え無い場合が出てきてしまいます。

現行品のアプリで文字を入力しようとするとアプリがエラーになり勝手に閉じる。マイクロソフトのIMEに変更すれば通常通り使えた。これではインストールした意味が無い。OsがXPまでしか対応してないようです。

さらに遊ぶ、一太郎+ATOK08をアンインストールしないで、JUSTSYSTEMS一太郎+ATOK16インストールするとラップするプログラムがけんかして不具合を起こすのかと変な期待を持ったが、良く出来ていますね。

アンインストールのプログラムが起動して、アンインストールするか否かを表示してきます。
無視してインストール完了して、再起動後動作確認すると問題なく使えました。

一太郎+ATOK08と一太郎+ATOK16の切り替えをして使用も出来る。

デスクトップにアンインストールのショートカットが残っていましたので、起動して一太郎+ATOK08をアンインストールしました。

今回、一太郎は不要のためATOKのみインストールしました。

Office2007をインストール

古すぎて使えないと思いながらだめで元々ですので、挑戦しました。

期待を裏切るかのように何の問題も無く、エクセルファイル、ワードファイルが開けるし編集も出来る。

JUSTSYSTEMS一太郎+ATOK16のWindows8.1用の初期設定

2015年に購入した当初も同様に設定しましたが、忘れてしまいJUSTSYSTEMSのホームページで確認して設定しました。

Windows8.1用の初期設定では、ATOK16の言語バーをデスクトップに出さない設定になっていますので、設定を変更しました。

タスクバーのA(atok)アイコン をクリックして、「言語設定」を選択します。
メニューから「設定」→「地域と言語」→「関連設定」の「キーボードの詳細設定」→「入力方式の切り替え」で「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」→保存

atok16言語バー

使用可能な場合デスクトップに言語バーを使用するにチェックを入れる。

そして、タスクバーにドラッグしてタスクバーにピン留めしました。

タスクバーにピン止めしたatok16言語バー

ほんの些細なことですが、ATOK言語バーの色がリフレッシュ以前の色から変わってしまいました。

同じものを入れたはずが理解できない。余計な遊び心を出した罰か。

 

 

 

 

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-Web
-

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.