家庭菜園 日記

大根の種サヤをサラダで生食|旬の食材

投稿日:

連日の雨で家庭菜園の水撒きが一休み中です。この後、晴れて気温が上がると一斉に雑草が芽吹き草むしり再スタートになりますね。現在、畑の作物で食べられそうな野菜は、ネギと大根の種サヤくらいです。雨が小降りになった頃、大根の種サヤを採取して食べました。

大根の種サヤ

昨年末頃まで、青首大根をその都度引き抜き収穫して食べましたが、例年ですと全量収穫して土に埋めますが、暖冬と言うこともあり収穫をしないで残しておきました。しかしながら冬となれば凍ってしまい品質は劣化しました。通常であれば全部引き抜いて廃棄するのですが、放置して種を採ることにしました。種採りするには、2本から3本あれば十分ですが、6本から7本ほど残っていました。

青首大根の花と種サヤ2020-05-21

同じ条件でも、花が咲いている大根と種サヤが立派に成長した大根と時期が分かれました。

奥側の花の咲いている大根は、一部種サヤが出ていますがまだ楊枝くらいの大きさです。

手前の種サヤは、既にはち切れそうなくらい丸々と太りました。

青首大根の花と種サヤ丸々と太る

青首大根の花と種サヤ丸々と太る2

ミニトマトの苗を植えた列付近ですので、ミニトマトの苗が大きく育つまでに、種を収穫したいです。

畑で試食すると、上の画像のように丸々と太ったものはサヤが堅くなっています。

小さめの種サヤを収穫して夕食のお供にします。

大根の種サヤのサラダ

大根の種サヤサラダというと聞こえは良いですが、中玉トマトと種サヤを皿に盛り付け軽く塩を振り食べました。

トマトと大根の種サヤサラダ

枝豆風の大根の種サヤサラダは、種は勿論ですが、サヤも大根の風味と若干の辛みがして、今しか味わえないまさに旬の食材です。
油炒めにしても美味しいですよね。

もう少しして、サヤが黄緑になるころはサヤから種を採りだして種だけを食べることも可能です。
種だけの方がサヤごとより食感も風味も良いですが、サヤを剥くのが凄く手間取ります。

関連おすすめ記事

青首大根を試し収穫|大根の葉の一夜漬け

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-家庭菜園, 日記
-

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.