庭木

ラズベリーの株別れ|強い繁殖力

投稿日:

一昨年、サマーフェスティバルという品種名のラズベリーの木を1本購入して庭の片隅に植えておき、昨年は半透明オレンジ色の実が採れました。

今年は、地下茎を伝い新芽が別れして芽吹き始めました。ふきの葉の下から次々に出る様は強い繁殖力を感じます。

ラズベリー サマーフェスティバルの株別れ

一昨年前に1本だけ約1300円で農家の店で購入しました。鉢植えだと枯れるリスクが高いため、比較的日当たりの良い庭の片隅に地植えにしました。ブラックベリーとブルーベリーの近くで、ふきの葉が生い茂る湿気がやや多い場所です。

ふきの葉が、適度な湿気を保ってくれるので水やりなどは一切なし、追肥なども一切したことがありません。

それでも、元気いっぱい育つんですね。

ラズベリーサマーフェスティバルの親木

サマーフェスティバルと記したタグがまた残っています。名前を忘れないようにあえて剥がしませんでした。

親木の根本付近から約10本1mから2mにさらに数本あり全部で16本ほど確認できますが、まだ出てきそうな気配がします。

ラズベリーサマーフェスティバルの株別れした新芽1

ラズベリーサマーフェスティバルの株別れした新芽2

本来は、株分けをして別な場所に移植すると元気よく育つと言われますが、自然任せが一番と思いこのまま見守ることにします。

素人考えで余計なことをして、枯らしてしまうより本来持った自然の力に任せます。
狭い土地に密集して元気が悪くなってもそれはそれで自然淘汰するまで自然任せにします。

ドクダミやふきの葉、雑草に場所を征服されないように適度にラズベリーサマーフェスティバルの場所を確保する必要がありますね。

ネギの花にミツバチ

ネギの花が咲き終わりの時期に近づいています。

ネギの花にミツバチ

黄色い花にミツバチが留まり花粉を採っているのかな、画像では1尾しか写ってしませんが、複数尾集まっていました。

一部の葱坊主は、花が終わりに近づき実が黒く色づき始めました。このネギの種を使って来年はたくさんのネギを収穫したいと思います。

通常は種を採った親茎は堅くて食べられないので廃棄されてしまいますが、我が家では廃棄しません。そのまま放置、または植え替えすると茎の心から新芽が出て立派なネギに生まれ変わります。ですので廃棄は勿体ないです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-庭木
-

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.