スポンサーリンク

日記

久々の雷雨で家庭菜園の野菜に恵みの雨

投稿日:

残暑が厳しい中、高校野球(甲子園)を朝から夕方まで試合をテレビ観戦しています。昨日は、当地は36度を超え、NHKのデータ放送で発雷の警報が出ていました。久々の恵みの雨となるようで期待をして待っていました。

久々の雷雨

前日までは、最高気温が35度程度で、日中そよ風が吹きエアコン無しでも耐えられ、高校野球をテレビ観戦していました。午後1時過ぎに、風が全く吹かなくなり気温もピークを迎えた頃、1時間半程うたた寝をして目覚めて暑いことに気づく。

空を見ると青空の地平線付近に入道雲が発達中です。梅雨明け宣言が出る少し前から、全く降雨がありませんでした。

入道雲発達中8-9

今日こそ雷様が来ると期待を込めます。家庭菜園に少量の撒水をしても焼け石に水で、葉がしんなりして可哀想です。

午後4時頃になり、通常の風同様に山からそよ風が吹き始めました。しかし、気温が上がった山から下りる風は生暖かく爽やかではありませんでした。

野球観戦を継続しつつも、外が気になりカメラを持ってウロウロしました。午後5時頃になると遂に遠くで雷鳴、期待に胸が膨らみます。

辺りが暗くなる入道雲 北の空

北の空が黒い雲の覆われ、冷たい風が吹き渡ります。これは近くをかすめて 通り過ぎるだけでは無く、まともに雷雨が降ると期待しました。

辺りが暗くなる入道雲 東の空

東の空も黒い雲の覆われ始めましたが、南側との境目がはっきりしていました。

遂に、午後5時半頃に雷様が来ました。

雷様が遂に来る

激しい大粒の雨が降り雨樋から飲み込みきれずあふれ出る状態、比較的近くでの落雷は無かったようで、稲妻は遠くで光るだけで、大きな雷鳴はありませんでした。約30分後の午後6時頃に、雷雨は小康状態になり恵みの雨も終わってしまいました。

棒温度計で気温を計測すると23度でした。涼しいを通り越して、寒かったです。

翌日の家庭菜園状況

久々の恵みの雨に家庭菜園も潤いを取り戻し、幾分元気が出たように感じます。雨水を貯めている器を覗くと、約20mm溜まっていました。1時間に換算すると40mmですね。ニュースで1時間で100mmの猛烈な雨などと聞きますが、今回の2倍以上は被害が出てしまいそうですね。

まま水を溜める器

貯めて置いて散水しますが、この程度は1回分に足りないです。被害を受けるよりは良いとしましょう。

野菜達の被害状況を確認すると、ほぼ無しと言える状況でした。

キュウリ

雷雨後の家庭菜園の野菜

雷雨が降り出す前の風が強かったので、キュウリが網から外れて垂れ下がっていないか心配でしたが、しっかりと絡みついていました。葉を少なく摘葉しているのも功を奏したのでしょう。

丸オクラ

丸オクラは、葉が大きいので、風当たりが強く、倒伏の危険性が大ですが、無事でした。

雷雨後の丸オクラ

安心したところで、収穫をしました。

雷雨の後のオクラ収穫

十数本収穫しました。今回は小さめの10cm程度にしました。前日、種取り用にしても良いくらいの20cmオーバーを油で炒めて食べましたが、繊維が硬くて口に残り妻の批評を受けました。丸オクラは大きくなっても柔らかいのは確かですが、15cmくらいまでが限度ですね。

 

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-日記
-

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.