家庭菜園

害虫被害のカブを引き抜く|シシトウ・ピーマン・パプリカ収穫終了

投稿日:

晩秋の寒さにより家庭菜園の野菜を食べていた害虫の勢力が衰えました。カブも葉を食べられてしまい、成長が著しく遅くなりそろそろ廃棄の時期かと思い一部を残して引く抜き廃棄しました。

害虫被害のカブを引き抜く

毎日のように畑の草むしりに励んでおります。昼間は暖かくなり上着なしでも汗ばむような気温になりますね。

100円ショップでよりどり2袋110円で販売されていましたので、カブとサニーレタスを購入した内の1袋です。

約5メートルの畝2本にカブの種を直まきして、ほぼ全数発芽して育ち始めてとても嬉しく思いましたが、他の葉物野菜に目を取られているうちに虫食い被害に遭ってしまいました。

2020/10/25冬野菜の葉を食い荒らす黒い虫

上の画像の黒い虫に若葉を食べ尽くされました。

2020/11/17カブの葉虫食い被害状況

カブになり得る根と茎、それから中心の芽だけ残しに食べ尽くされました。

比較的大きく育ったものは、復活しそうですが小さい個体は枯れ果てる寸前で大きく育つとは期待できそうもありありません。

2020/11/17カブの葉虫食い被害状況2

期待が持てそうな根が丸くなり親指の爪ほどの大きさに育った十数本のカブを残し、引く抜きました。

2020/11/17虫食い被害のカブを引き抜き

哀れな姿になったカブ達に別れを告げて、生ゴミ置き場に廃棄しました。

2020/11/17虫食い被害のカブを引き抜き苦土石灰まき

引き抜いた後の畝に苦土石灰をばら撒きました。次に植えるのは、前回定植した残りのサニーレタスの苗を定植しようと思っています。

シシトウ・ピーマン・パプリカ収穫終了

今年の夏に、沢山収穫出来たシシトウとピーマン、パプリカの株を引き抜き廃棄しました。

霜が降りるまでは、成長が遅くても実を付け収穫出来ましたが、一旦霜が降りると弱ってしまい葉がよれて萎みました。

2020/11/17シシトウ引く抜き廃棄

2020/11/17ピーマン引く抜き廃棄

2020/11/17パプリカ引く抜き廃棄

畝の中央付近に植えたので、邪魔だったのですが収穫を期待して最後まで見守りました。

農家などはトラクターで耕すので、収穫可能な時期でも廃棄して一気に耕しますが、ミニ耕耘機を使用していますので小回りがきき何本か残しても周りを耕すことが出来ます。

関連おすすめ記事

カブの葉虫が食い被害|家庭菜園

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-家庭菜園
-,

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.