スポンサーリンク

日記

愛犬トリミングと防草シート施工

投稿日:

梅雨の後半の今週は肌寒い日が続き、雨が殆ど降りませんでしたが、本日は小雨が降り続いていて畑の野菜にとって恵みの雨となりました。

愛犬トリミング

昨日、今年2回目となる愛犬トイプードルまぁこをトリミングに連れて行きました。前回は4月の上旬、ボサボサになった毛を中間で自宅トリミングをしました。自宅トリミングは、所詮素人のやることで、バリカンは良しとして、ハサミは断カットになってしまい、少し伸びて落ち着くまでがとても見栄えが悪いです。

プロに任せるのが一番ですね。

トイプードルまぁこトリミング2019-7-11

身全体を3mmにカットして、頭は短め、尻尾はライオン風、細ブーツ、各指を露出、顔周り短めのサマーカットにして頂きました。梅雨とは言えど、肌寒い日が続くので、サマーカットにはまだ早いか、しかし時期に蒸し暑くなると思い短くして頂きました。

前々回、トリマーに抱っこの手渡し時に、まぁこを正面側を向けて渡してしまい、緊張のあまりオシッコをちびり服に掛かってしまいました。前回からは、後ろ向きに渡して、防止しました。今回は、後ろ向きに渡しましたが、オシッコちびりには成りませんでした。少し離れたのかな。

トリマー先生との世間話の中で、常連顧客のトイプードルのトリミング周期を尋ねると、1ヶ月または2ヶ月だとか、うちの子は3ヶ月放置ですので、一番長いサイクルらしい。やはり貧乏人にトイプードルを飼うのは無理があるのかな。

そして、最後に慰めの一言、「お父さん顔周りやお尻周りのカットが上手だから大丈夫ですよ」バリカン施工だから誰がやっても同じなんですがね。

料金は5000円

防草シート施工

愛犬をトリミングに預けている間に、駐車場にしている庭の外周部に防草シートを施工しました。

駐車場にしている庭は、セメントコンクリートで舗装してありますが、隣接地との境付近、幅1mを生け垣にしようと残して、ドウダンツツジ、ツツジなどを植え、20年を越えましたが、枯れもあり今一育ちが悪く生け垣風になりません。今更ですが、全面舗装しておけば良かったと思うときがあります。

今年3回目となる草むしりを前々日にしました。草むしりスパイラルから解放されるように、防草シートを施工することにしました。(普段歩行しないため地面が柔らかく草は容易に抜けます)

防草シート施工2018

昨年、施工した防草シートと同じ物を購入しようと履歴を見ましたが、生憎販売終了となっていました。

通常の厚みより2倍ほどあり、柔らかい生地で水はけが良く雨が降って濡れていても全く滑らない良い商品だったんです。
止め金具とセット販売で格安でした。

今回は、厚みと色が同じで、質が多分同じであろう商品を選びました。手触りも見た目も同じに感じました。

生きている木はそのままにしましたが、枯れてしまったツツジの根を掘り起こすのが一番疲れましたね。

平らで、なにも無い所に施工するのは容易ですが、木の根の所には、ハサミで割を入れ施工するのに苦労しました。

防草シート2019-7-NO1

防草シート2019-7-NO2

根本付近がヨレヨレになってしまいますね。

防草シート2019-7-NO3

防草シート2019-7-NO4

防草シートの端とつなぎ目などには、草が生えてくると思われますが、全体の草むしりを考えたら、今後非常に楽になります。

妻と二人で施工しましたが、時々お互いを不器用だとか手抜きするとか冗談を言いながら談笑と共に約3時間、身体は疲れましたが楽しい時間を過ごす事が出来ました。

スポンサーリンク

feedly

follow

人気ブログランキング

-日記

Copyright© 自由人の旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.