work

雨の日は図面ドラフトのアルバイトで過ごす

投稿日:

昨日は、一日中冷たい雨が降りましたね。石油ストーブを付けてお湯を沸かしながら暖を取りました。そして、前回アルバイトしたコントロールパネルの変更工事に伴う図面を作成送付しました。

図面ドラフトのアルバイト

毎日のように、畑の草むしりを行っていますが、雨の日は流石に屋外作業は出来ませんので、先日県北の生産工場のユーティリティー設備の増設工事に伴うコントロールパネルの変更工事の下準備と言うことで出張しました。そのときの依頼で改造箇所だけでは無く全体の図面を新たに興して欲しいとの事で、全体をスケッチしてきて自宅PCにてCADソフトで図面をドラフトしました。

一部の改造増設部分は新たにドラフトして既存の部分を単純にCADデータに置き換えるだけの簡単作業と甘く見て半日仕事だと思い開始しました。

しかし乍ら、丸写しは案外時間を要しますし、頭の回転が現役時代からかなり劣っている思われ、一向に進まず。

正午に成っても終わる見通しが立たない。

昼食を挟んで、午後3時前まで集中してやっと完成しPDFに変換し、Eメールで送信して完了となりました。

因みに、A3サイズ3枚を作成しましたが、図面作成の相場価格は設計込みで1枚12,000円程度で、下書き有りのドラフトのみは10,000円程度です。

この程度の能力では、1枚あたり5,000円程度しか貰えないね。

頭の回転の衰え、集中力の欠如、雨による軽い腰痛により図面作成能力が落ちました。

そろそろ、全面廃業を宣告する時期なのか。それとなく引退をほのめかしておりますが、能力の衰えまで相手は読めないので、都合良くいつまでも使えると思っているのですよね。

銭は沢山あるに越したことは無いが、最低限の生活が出来て少しの趣味を実行できればそれで満足なのです。

それにしても脳内が衰えているのを実感する一日と成りました。ボケが始まっているかもしれませんね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-work

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.