work

4連休中のアルバイト

投稿日:2020年7月26日 更新日:

梅雨明け間近との予報が出ていましたが、暫くは梅雨が続きそうな予報に変わりましたね。そんな中、4連休中のアルバイトをしました。
栃木県内でも新型コロナウイルスCOVID19の感染確認が相次ぐ中、自宅でおとなしくしていた方が無難なんですが、頼りにされる間は仕方ない。

アルバイト

いつもお世話になっている設備企業からの依頼で、県北の某生産工場のユーティリティ設備の、分析装置入れ替えに伴いコントロールパネルのハード改造(配線改造)とPLC(シーケンサー)・GOT(タッチパネル)のプログラム改造をする必要があるとの事でした。

現役を離れて早3年、ハード改造は一目瞭然で理解できるが、PLCとGOTのプログラムについては思い出すまでに時間がかかりすぎて、迷惑を掛けそうだと判断して、息子が連休ですので半強制的に連れ出しました。

県北の某生産工場へ午前7時に出発して、8時半頃到着して付近で待つが、案外他社の作業員らしい方々がたくさん居る。4連休中でもレジャーや自宅にて自粛など関係なく働く方がいるのをお解り頂きたい。雨が降る中作業員の皆さんお疲れ様。

作業自体はとても簡単なんですが、朝一番に作業員(5名)を集めて作業手順の説明並びに、KYK(危険予知活動)を行い作業開始します。

息子が、PLCとGOTのプログラムをノートパソコンに抜き出し、プログラムの確認作業に入る。

コントロールパネルの元電源をOFFしてもらい、既存の分析装置の配線を解線し切り離し、コントロールパネル内に配線の改造に伴う機器を取り付けする。そして、必要な配線を施すこと1時間それで、僕の役割はほぼ終わり。

その頃、息子の方は、依頼内容にプログラムの変更が終わったかと訪ねると、あまたの中で終わったと。PCからプログラムをデバック(インストール)するのでは無く、電源復旧後にダイレクト書き換えで対応すると言う。大して多いプログラム容量ではないのでダイレクトで良いとのことだ。

装置入れ替えに伴い配管関係の盛り替えがあるため電源復旧できるまでは時間がある。10時の休憩をして時間を潰す。

休憩後、分析装置の配線を接続して電源復旧の依頼をする。そして、PLCとGOTのプログラムの変更をして、試運転に入る。

1サイクルの模擬運転をしましたが問題は起きない。不安なのは1サイクルで良しとしたところです。

昼食をご馳走になり、帰宅しました。

あとがき

現役の頃は、自分で作ったプログラムは当然理解していましたが、暫く間が開くと不安もあり、また他人が作ったプログラムを理解するまでには時間を要するわけで、短時間で作業が完了できないと迷惑を掛けてしまうわけです。

今後、プログラム関連は息子に依頼するように設備企業に告げる。そして、プログラム関連は引退とします。

一般的には、プログラマーに依頼するとどんなに少ない内容でも、1日呼ぶと出張費を合わせて10万円前後は請求されますが、息子君一日の作業費で結構だと大きく出た。これで暫くは便利に使われて抜け出せないね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-work

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.