スポンサーリンク

日記

ハローワーク第二回認定日

投稿日:2017年11月25日 更新日:

11月23日は、冷たい雨の勤労感謝の日でしたね。屋外イベントの関係者は、大変ご苦労をされたでしょう。1日ズレていれば良かったが天候は選べませんからしょうが無いですね。
11月24日は、二回目のハローワーク失業給付金認定日でした。

失業給付金の認定日

今回は、11月24日金曜日10:00~10:30の指定の日付と時間の指定があり、合わせて10:00頃、行きました。

給付認定

第一回目は、初と言うことでやや緊張しましたが、二回目は慣れたもので、指定日の時間さえ守れば、何の問題も起きないわけでして、認定受付後、数分で順番が来て、記入漏れのチェックを受け、次回認定日の指定時間を記した書類、失業認定申告書を受け取り、失業給付金認定の受付は、終了しました。

なんとも、スムースに進みます。淡々と事務的に作業を進める、係の方いいね余計な事を言われなくてね。

次回の失業認定日は、12月22日金曜日9:30~10:00と指定となっていました。
期日を守らねば、給付は停止になりますから、必ず行くことにします。

求職活動(就職相談)

別な窓口にて、就職相談(就職活動)の受付をして、順番待ちをしました。前回も紹介しましたが、銀行の順番待ちのレシートのような番号札を渡され、待合用の椅子に腰掛け待ちます。相変わらず多数の、求職活動者達になんとも複雑な思いを、今日も感じたのです。

自分の順番まで、丁度10名がいらっしゃいました。これでは今回も1時間以上は待つと思いましたが、25分で順番が回ってきました。
一人当たりの時間が極端に短い、前回の如く一人に対し10分前後の対応をしていないようです。
もしかして、僕と同じような受給が主目的な方ばかりか、そんな方は年齢的に見ても少ないと思いましたが、事実その日はとても早かったんですね。

順番が来て係の方に、雇用保険受給資格者証を提出し、雇用保険受給資格者証の裏面に就職相談の日付を記載して頂きました。
その後、
係「何か気になる求人情報有りますか」
僕「有りません大丈夫です」
係「そうですか、はいこれで終了です」
僕「ご苦労様でした」
これで完了です。
前回の就職相談に要した時間を更に縮めました。やはり係の方も顔を見ればどう言う状況か即判断できるのかと思いました。

次回認定日の12月22日金曜日までの何れか平日の日中に、もう一回就職相談を受ける必要があります。
要するに認定日の間に2度ハローワークが認める就職活動をしなくてななりません。

天候は関係ありませんが、天候を考慮して、来週中にでも就職相談に出向きます。

関連記事

ハローワークに失業給付申請

ハローワークの初回講習会参加

ハローワーク第一回認定日

定年退職後のアルバイト|失業給付金受給中の法令遵守

 

スポンサーリンク

-日記
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.