スポンサーリンク

独り言

初めての携帯電話契約|定年退職時

投稿日:

自分名義の携帯電話は、未だに持っていませんでした。社用の携帯電話を常時持ち歩き私物化してる状態でしたので、全く不自由は感じませんでした。その反面休日であろうといかなる時間帯であろうと対応しなくてはなりません。携帯電話の料金と対応している時間の労賃と比較するとどうなんでしょうか。

携帯電話

ドコモで契約

30年近く社用の電話番号を使用していると、仕事関係以外にも、親戚や友人知人にも知れ渡っているわけで、今更電話番号が変わりましたなんて連絡したら、「おれおれ」と間違われそうで、嫌ですよね。

そこで、経営者に相談しようとした矢先に、「月末までに(退職時)長年使っているんだから個人名義に変更して電話番号を引き続き使用した方が良いんじゃないか」とのご意見がりました、ありがたくお言葉に甘える事にしました。

ドコモと法人契約をしているせいで、時々法人ユーザーを営業に回っている方が来社しています。
その方に電話して、法人契約から個人名義にする時の書類関連の事を尋ねると、会社側で必要なのは、印鑑証明(法人)だけだそうで、個人は免許証などの証明できる物だそうです。

機種交換などは、営業担当に電話機を預けて、新機種と交換をして返却して貰っていましたが、名義変更は窓口で手続きでお願いしますとのことで、昨日、印鑑証明書と電話機本体と免許証を持参してドコモに行って、何時もの営業担当を呼び手続きをしました。

予め来店時間を決めていたので、一般受付と違い待ち時間もなく契約変更出来ました。

料金は、中途半端な日数は日割り計算で処理して、1ヶ月あたりは、基本料+iモード+電話機保険で2000円と少々ですみそうです。

名義変更時には、一旦リセットすると言うことなので、メールアドレスの再設定も同時に行って貰いました。

現代風に、スマフォでも良いのでしょうが、まだ2年まで使用していない電話機本体(P-01G)は壊れるまでは使います。
(通常3年ごとに交換していました。)

 

スポンサーリンク

-独り言

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.