スポンサーリンク

庭木

松の芽欠きとキャラ木の剪定2018

投稿日:

当地は梅雨入りして、肌寒い日が続く毎日です。しかし本格的な梅雨になり雨が続くと庭木の手入れが、困難になります。梅雨の合間の晴れた日は蒸し暑くなりますので、涼しい今の時期に松の芽欠きとキャラ木の剪定を行いました。

松の芽欠き

黒松の手入れは、基本的に年に2回行います。春の芽欠きと秋の剪定の2回を毎年欠かさず行っています。
広葉樹と違い刈り込みばさみで、カットしてしまうと、場合のより枝が枯れてしまいます。

今回は、芽欠きをします。
伸び放題になった新芽を青い(黄緑色)うちに手で折り曲げて折るんですが、新芽の伸び方にバラツキがあるため、その都度伸びた芽から芽欠きをすれば理想ですが、かなりの日数を要してしまいますので、ある程度伸びていても放置して、一気に芽欠きします。

そのために、最初に伸び始めた新芽は立派に太くて固く成長しています。
そうなると、折り曲げても折れませんので、剪定ハサミでカットしながら、大きい新芽から小さい新芽までを奇麗に芽欠きします。

午前8時から作業スタートです。作業開始時間を守るのは一人前の職人みたいですね。しかし始業前のお茶が出ない(笑)。

脚立を用意して、上の方から順番に、前述のように剪定ばさみと手で折り曲げて新芽の欠きます。
剪定の時は、庭専用の三脚がありますが、芽欠きですので、6尺のアルミ脚立で済ませました。

黒松ビフォー

新芽が伸び放題、上の方が勢いがあります。

1本目ビフォー2018

栄養が豊富なのか更に、勢いがあります。

2本目ビフォー2018

黒松アフター

1本目アフター2018

2本目アフター2018

最上部は、芽欠きと剪定を兼ねました。秋の剪定の時に楽になるように予め余計な枝をカットしました。

 

キャラ木の剪定

通常でしたら、ゆっくりと安全にそれに何よりも、今行って居る作業自体を楽しむようにしています。

しかし雨が何時降り出してもおかしくない雲行きでしたので、急いで作業をしましたが、まだ降り始めないようなので、キャラ木の剪定もしました。

こちらは、伸びたときにやる気になったときが剪定時です。
しかし年に2から3回は剪定しないと、固い枝が多くなり見た目が悪くなります。

凝り性な方は、剪定ばさみで一枝づつカットするようですが、これだけ大きいと中央部は手が届きません。
従って刈り込みバサミで豪快にカットします。

キャラ木の剪定ビフォー2018-6

キャラ木の剪定アフター2018-6

スッキリ丸く刈り込みました。

一枝ごとに剪定するには、足場板を使って足場を確保しないと、作業は困難です。
やはり刈り込みバサミで作業するしか有りません。

葉の処理

焼却や生ゴミとして出したりする場合があるようですが、大地の恵みは大地に返すこれが一番です。

枯れて腐葉土の状態になれば、立派な肥料となります。
それに、松の葉は腐葉土になるまでに時間が掛かります。
そのせいで積み上げてあると草が生えづらいです。

毎回、庭木の根元付近に引き詰めて居ます。

1本目カットした黒松の葉2018

2本目カットした黒松の葉2018

カットした黒松の葉を引き詰める2018

枯れた松葉は昨年の秋に剪定しものです。

関連記事

松の剪定2017-11

関連動画

スポンサーリンク

feedly

follow

-庭木
-

Copyright© 自由人の旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.