家庭菜園

丸オクラ発芽|つるなしインゲン花芽持つ

投稿日:

そろそろ梅雨入りしそうな雰囲気で、スッキリと晴れ間が出ない天気が続きますね。夕立が頻繁に起こり畑の夏野菜に散水する機会が減りました。丸オクラの種を5月初旬に蒔きましたが、約1ヶ月後に遅い発芽となりました。そして、つるなしインゲンに花芽が付き出しました。

丸オクラ発芽

今年は、農家のお店でレディーフィンガーという商品名の丸オクラの種蒔きました。間引きしないで済むように、10cm間隔で種を蒔きましたが、5月初旬は雨も少なく散水も少なめでしたので、発芽が極端に遅かったのだと思います。2週間ほど経過しても発芽しないので、掘り返してみると種に変化なし発芽する様子が全くないため追加で種を蒔いてしまったのです。

しかし、追加蒔きの種と余り差が無く発芽しました。余計なことをしてしまいました。

丸オクラレディーフィンガーの種から発芽1

2重に蒔いてしまい、先に蒔いた種から発芽し苗の直ぐ側に2度目に蒔いた種から発芽しました。これだと近すぎて間引かなくてはなりません。勿体ないことをしてしまいました。

因みに、オクラは直まきがよく育つと思います。ポットに数個の種を蒔いて全部育ち勿体ないので土を落とし気味に分けるといじけて育ちが悪くなります。理想は、ポットの土を落とさずにそっと全数同じ場所に定植して、不要な苗を根元でカットして間引きます。

しかし、昨年の実験結果では、小さい内でしたら移植しても育ち収穫できました。後から発芽した苗を別な畝に植え替えます。

丸オクラレディーフィンガーの種から発芽2

掘り返しているため、最初に蒔いた種の位置からずれて一直線に並ばなくなってしまい見栄えがとても悪くなりました。

双葉になり背丈が伸びた頃に、二条大麦のわらを根元に敷き詰め保温断熱保湿に役立てます。

そして、篠竹で支えを施し、やがて収穫期を迎えます。

つるなしインゲンの花芽

今年は、購入品の種は使わずに、昨年収穫せずに最後まで残しておいた種サヤつきの枝を、直射日光の当たりづらい風通しの良い場所に吊しておいて、今年の5月初旬に約30個蒔きましたが、2本しか発芽しませんでした。

それから、昨年蒔いた残りのひね種を約30個同時に蒔きました。

丸オクラの苗全数

結果は、自家製種から2本、ひね種から6本となんとも寂しい結果になりました。その後、皮肉にも畑に放置した見た目が悪い小さな自家製種から2本発芽しまして、合計現在10本になりました。

丸オクラの花芽

昨年は、数本ごとに2週間から3週間ずらして蒔きましたので収穫期間が短いつるなしインゲンでも途切れること無く収穫できました。
今年は、どの苗もほぼ同じ月齢ですので、一斉に収穫できても一斉に終わります。

それでも、今年はこれ以上の追加はしないつもりです。空いた場所は、オクラを移植します。

関連おすすめ記事

つるなしインゲン自家製種とひねたねの発芽率|夕顔発芽

実生キュウリ苗を移植|つるなしインゲンのアブラムシ排除2020

 

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-家庭菜園
-

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.