スポンサーリンク

野生植物

マメアサガオの花|白く小く可憐

投稿日:

秋の空気と入れ替わり、涼しくなったと思えば、また夏に逆戻りと忙しい、季候になっていますね。

夜明けが段々遅くなり、朝の散歩も寒さを感じます。そんな中、朝露をたっぷりと染みた、小さく可憐な白い花を咲かせている、マメアサガオの花が咲いていました。

朝露とマメアサガオの白い花

マメアサガオ

河川敷や荒地、田んぼの土手、畦道の道端などで良く見かけるツル性の1年草で、2~3メートルに伸び、他のものに絡みつくか地を這って伸び、茎には毛が生えています。
通常の葉は広卵形で互生し先は尖る、これは3裂に変化しています(葉の周りが暗褐色の縁取りのあるものも多い)。
長い葉腋から花柄を伸ばし、先端に漏斗状の小さな白い花1個~3個つけ、花は直径1.5~2センチメートルで、浅い星形の5角形の星形をしています。
花柄は4稜形でイボ状の突起があり、果実は平たい球形で、直径7~9 ミリメートル、種子は径4 ミリメートル弱で、黒色になります。
名前の由来は、花が小さい事によると言われます。

昼間の花は閉じています

朝露とマメアサガオの白い花Dense

朝露をたっぷり浴びて元気に開くマメアサガオ

朝露とマメアサガオの白い花up

薄暗い時間帯から散歩をすると、普段と違う感覚で草花を見る事が出来、とても新鮮な気分になります。

 

スポンサーリンク

-野生植物
-

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.