大地の恵み

原木自家栽培のマイタケ2020

投稿日:

昨日は、秋らしい爽やか天候とはならず、台風の影響で秋雨前線が刺激され冷たい雨が降りましたね。そんな中、昨年の2月にマイタケの原木に菌種を植え付けたものを購入して庭に埋めましたが、10月に入りマイタケが出始め大きくなりましたので収穫しました。

原木栽培のマイタケ

条件次第ですが、この原木栽培のマイタケは3年から4年収穫可能ですので、長く楽しめます。

2019年2月

農家のお店で、菌種を植え付けた原木を購入して地中に埋めたのが、2019年の2月でした。

マイタケ原木菌種

5本で1セットにバンド掛けしてあるものを2セット購入しました。

条件が極めて良ければ、その年の秋にマイタケが出る可能性がありましたが、期待通りには行きませんでした。

2020年10月2日

説明書通り1年半後の今年10月に小さなマイタケが姿を現しました。

最近野良猫が畑に糞をしに来るため荒らされて困っています。
野良猫に折角出たマイタケを踏まれないように網で囲いました。

2020/10/02マイタケの原木から出始める1

上の画像は10月2日に撮影、2株に分かれて小さなマイタケだ出始めところです。
2株に分かれるとどちらも小さくなりますね。

下の画像は10月2日に撮影、分かれないで1株になりマイタケだ出始めところです。
2株を合わせた大きさよりかなり大きく出ました。

2020/10/02マイタケの原木から出始める2

2020年10月8日

台風と秋雨前線の影響が長引くと思い、収穫することにしました。

2020/10/02原木マイタケ成長1

2株に分かれて出た方は、1塊になるような勢いで大きくなりました。

2020/10/02原木マイタケ成長2

もう少し大きくなると期待していましたが、雨が長く続くと腐敗するリスクがあるため、やむなく収穫することにしました。

両手指を株元と地面の間に差し込み優しく引き上げればポロッと採れます。
触れてしまったカサの部分は割れて細かくなるので細心の注意が必要ですね。

2020/10/02原木マイタケ収穫1

2020/10/02原木マイタケ収穫2

調理

定番の天ぷらそして混ぜご飯にしました。

土と木の葉、それから虫が住み着いているようです。小さく裂いていると中から1.5cmくらいの細長くて黒い虫が数匹出てきました。

まぁ、自然の中で栽培していますので、虫や土が付いているのは当たり前ですよね。

それにしても、手間がかかりますね。香りがとても強くて酔いしれる。

2020/10/02原木マイタケ調理準備

大きなザルにいっぱいになるほどの量です。
5000円分くらい有りそうです。
原木2セットで3000円未満でしたので元は取れました。

2020/10/02原木マイタケ調理天ぷらと混ぜご飯

天ぷらは、揚げる後から息子が食べてしまい撮影が上手く行きませんでしたが、食べる速度が遅くなった頃やっと撮影に成功しました。

関連おすすめ記事

マイタケ原木栽培と椎茸原木栽培

原木(ホダ木)から椎茸出る|今年購入品

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-大地の恵み
-

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.