大地の恵み

柚が色つく晩秋~友人宅の立派な冬野菜

投稿日:

朝晩の冷え込みと共に我が家の柚が濃い緑色から徐々に黄色くいる付き始めました。昨日は、友人宅のエアーコンプレッサーの本修理を行いました。そして、帰りに畑で採れたての野菜を沢山頂きました。

友人宅の野菜

先日、エアーコンプレッサーが動作不良になり連絡を受けて友人宅に出向き仮修理をしてなんとか使用できるようにしましたが、修理パーツを入手しましたので、取り付け復旧作業をしました。取り付け後配線を復旧しようとすると、とても怪しい配線ではありませんか。

過負荷安全装置のサーマルがスルーしてある。配線が出来なかったのかサーマルが不良でスルーしたのかは定かでは無いが、モーターが焼ける前に不動になって運が良かったね。

正規の配線にやり直して、動作確認をして問題無く試運転終了となりました。

そして、ティータイムの前にお土産と言いながら、屋敷隣接の畑から大根や白菜、レタスなど大量に引き抜き一輪車で車まで運んでくれた。

失敗したのは、軽自動車のタントで行ったことだ。後ろのシートを倒して荷室を広げてもほんの少ししか積めない。

ただだからと言って欲張りはいけませんよね。

それにしても、我が家の家庭菜園では白菜など葉物野菜が害虫被害に遭い穴だらけになってしまっていじけて育ちが悪いが、大きく葉を広げて結球している様は、まるで農家だ。

褒め称えると、彼は母親が作っていると言う。「それってちゃんとお袋さんに言ったか?」「ちゃんと言ったよ」

まぁ、よその畑では無いことは確かなので良しとする。

生憎、お袋さんは外出中でしたので、野菜作りのインタビューをしたかったが残念でした。(お袋さんは元々農家さんでプロなのです)

暫くの間は、農産物直売所で冬野菜を買わなくて済む。

柚の色づき

今年も、沢山の柚の実が黄色く生りました。

2020/11/09柚の色づき1

2020/11/09柚の色づき2

2020/11/09柚の色づき3

昨年は裏年でしたが、今年は豊作の年となる予想です。昨年より小ぶりの実が沢山実りました。

ミカンでに例えると3Sサイズですね。普通サイズの柚より小さいので扱いやすいですね。大きいと食べきれませんね。

暫くの間は、焼酎に割って飲むのが毎日の楽しみになります。

スポンサーリンク

人気ブログランキング

feedly

follow

-大地の恵み
-,

Copyright© 自由人の旅 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.