スポンサーリンク

野生植物

カナムグラ(鉄葎)|耕作放棄地

投稿日:

数年間、耕作放棄した畑には、厄介のもは蔓延ってしまいます。中々覆い尽くされてしますと、独特の棘が刺さり排除が非常に困難になります。

カナムグラの花(雄花)

カナムグラ(鉄葎)

カナムグラ(鉄葎)は、Humulus japonicus、アサ科(以前はクワ科に分類)の一年草
雌雄異株の蔓植物で、葉は5cm~12cm程度の深く切れ込んだ掌状で対生し、鋸歯が多く表面はざらつき、茎から葉柄にかけて鋭い棘があり、木や電柱、ガードレール等に絡みつきます。
8月~10月開花し、雄株は分枝した花茎を伸ばし、多数の淡緑色の花をつけ、雌花は、株の葉腋から花茎を伸ばし、先端に苞に包まれた穂状の花をつけます。
雌花は受粉後に成熟して果実となると赤紫色を帯びます。
日本全国の道端や荒地等の日当たりの良い場所に生息します。

 

カナムグラの花Dense

カナムグラの花(蕾)

スポンサーリンク

-野生植物
-,

Copyright© 自由人の旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.